うつ病での入院基準や期間、実際の生活など全て実体験を語ります!

カテゴリー
大まかな説明です

うつ病で入院したい方や入院をさせたいご家族の方は居ると思います。しかし、そもそもの入院基準というものがわからないと思います。まずはそれについて話しますが、基本は入院したい意思があれば入院は実は可能なのです。どういうことかというと、病院も表立ったことは言えませんがやはり経営というものが絡んでくるので常に病床にほとんど空きが無い状態でうまく経営したいのです。そんなこんなで、さらなる入院基準を解説しながら治療の期間、生活について筆者の実体験を語ってみます。

大まかな説明です

大まかな説明です

うつ病での筆者の入院基準はこうだった

筆者が入院した当時はうつ病という診断が下っていました。筆者が当時自覚していたのは、あらゆるうつ病の典型的な症状や何より活字が読めなかったのがつらかった覚えがあります。朦朧としていたのですが、状況を振り返ってみるとやはり会話も成り立たない様子でした。そんなこんなで、希死念慮もあるということで閉鎖病棟へ入院ということになりました。しかしながら、後から聞いてみたところ前述のように入院基準というものは定まっていないようで、やはり経営状況もあるのだと精神医療の現場から聞くことも出来ました。あるようでないような基準なので、入院したいと思う方は向かってみましょう。

介護服を使うかどうかで、看護士同士が揉めていましたが、そもそも勘違いであるということを誤られましたが、筆者は意味が分からなかったので直球的な表現で介護服とはどんなものかと聞くと、動きを制限するための器具だと知らされました。話がはずれてしまいましたが、うつ病での入院期間について次はお話します。

入院期間は意外と身近くて2ヶ月くらいだった

記憶が正しければ2ヶ月くらいのものでした。早ければ1週間程度で退院する方もいたので完全に医者の判断によるものです。後から教えてもらった話ですが、待遇に不満があれば直接あれこれと不満を言うより、大人しく回復したふりを無理矢理にでもして抜け出すのが一番のようです。

そんなこんなで、筆者は2ヶ月間程度の期間ではありましたが、意外と充実していました。生活について気になる方もいると思いますので、入院期間中の生活とはどのようなものかというものを軽く紹介してみたいと思います。

病棟への入院生活は色々ありました

実際の入院生活は1日目は色々病棟のアレコレや知識について教えられました。普段使っているお薬はナースステーションで貰うことや、衛生用品のカミソリなどの類は所持禁止、紐も所持禁止となっていましたが理由は言うまでもありません。また、鍵がついたところにお金の類は入れるように指示されたのが最初の入院生活でした。

これは表面上の理由であり、抗うつ薬の類が効いていると部屋に入ってきたりする人も居るので、それに気づかないこともたまにあります。そんなこんなで、大事なものは鍵のついたところへ入院生活は入れるようにしましょう。本当にあったことですが、お菓子をこっそりと持っていく方も居ました。言えば全部あげるのにと思っていましたが。マイナスな印象が与えられたと思いますので入院での生活には楽しかった部分もあります。

うつ病の筆者にとっては反対的である躁病の患者の方が居ましたが、生活中は色々な意味で元気をもらえました。筆者が当時最年少であったということでも生活中は可愛がってもらえたとは思うのですが、何よりコーヒーを頂いたり、○○さんとちょっとオセロでもしにいこうと言われて後半はそれなりに盛り上がったりとか元気をもらえたという部分もありました。

入院する面子によっては生活中では退院した方がいいというものもあるのでそちらについては別の機会に書いてみます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告