妊婦は夏バテの症状が現れやすいので注意!

カテゴリー
妊婦の夏バテ症状

妊婦さんといえば、夏バテについて気になります。今までの自分だと単なる夏バテなら仕方ないなと思いがちでしたが、自分以上に大切な赤ちゃんが既に宿っています。もしかして、すでに症状が現れているのではないかと思われる妊婦の方に向けてチェックするべきことをいくつかまとめてみて、解消方法や予防方法などまとめてみました。妊婦の方、大切なパートナーがそうである方は是非とも参考になさってください。

妊婦の夏バテ症状

妊婦の夏バテ症状

妊婦の方に向けた夏バテの症状のチェックリスト

簡単に症状を挙げてみますと、疲れている感じや、食欲が無い、吐き気がする、頭痛がする、メンタルが不安定である、下痢や便秘を起すなどです。これらの症状に対して共通しているのは自律神経というものが乱れているからになります。普段の良かれと思われて行っていることが意外にダメだったりすることもあります。夏バテの症状に当てはまっている妊婦の方は既に不安になってきたと思われますが、特に症状が重くない限りはご安心下さい。もし、これらに当てはまってどうしても耐え難い症状があるならばまずは病院へ行きましょう。体験談からすると高確率で意外と平気だったということもあります。さて、既に症状でお悩みの方はまずは下記のことをお試し下さい。恐らく病院に向かってもやることは大差ありません。

妊婦の夏バテ症状を解消する魔法の飲み物

既に夏バテの症状でお悩みの妊婦の方は、スポーツドリンクを買ってきてください。アクエリポカリがいいです。病院で行うことが自宅で簡単に行えますし、摂取する成分は一緒になります。500mlのものがおすすめです。でも、妊婦となって夏バテであればそれは危険なのではないかと思われる方も安心です。中身はアミノ酸やクエン酸、糖分、塩分など体に浸透しやすい割合で入っております。しかしながら、少し糖分が高めに設定されているのでそこに500mlほどの水を更に追加して薄めてあげます。これで心配されている糖分は限りなく薄まりましたし、おいしく飲めます。さらに塩分は体に害十もわれがちですが、このような時こそ妊婦の方は摂取するべきです。そんなこんなで、作成されたドリンクを1時間程度かけてゆっくりと飲みきってください。体内に水分がしっかりと充満して、電解質が正常になります。これを口から入れるか、看護師の手によって入れるかの話なのです。次に妊婦の方にこそしっかりとおすすめしたい夏バテの予防について書きます。

夏バテはこういうところからも予防しよう

まずは、やはり温度差です。エアコンのある空間から、外に向かうと無くなるどころか室外機でたくさんの街に繰り出すことになります。もちろん、昔以上に外は暑いのでこれらと温度差をなくしてあげることが必要です。既に涼しい空間に慣れている方で予防を行うとなれば、1日1日ずつクーラーの設定温度を上げていくというような予防策をとってみてください。暑くなってきたならば先日と同じような温度で更に1日過ごすようにしてみて、様子を見ます。そして、水をしっかりととって過ごすように心がけることで意外と予防になります。水の力というものは侮ってはいけません。1日2リットル程度を目標とし、飲んでみてください。妊婦の方の夏バテ予防どころか、赤ちゃんにとっても水はかなりいいのです。

食事からも妊婦は予防してみよう

妊婦の方に夏バテの症状を予防する上で、必要な食事というものはビタミンB群の食事とクエン酸です。基本的に夏の野菜などの食事には含まれていますので食べたいと思うものを食べるのが一番の予防になります。食事内容としては、鶏肉、豚肉、梅干、トマト、きゅうり、にんにく、キャベツ、ピーマン、シソです。自然から得られる食事には基本は問題はありませんが、例えばシソドレッシングなど、一部注意書きのある食品に頼るのは妊婦の方ならばやめておきましょう。