安倍晋三の妻、昭恵がインスタに高度なギャグの写真をアップ

カテゴリー
面白い試み

安倍晋三こと、現在の日本の総理の妻は安倍昭恵です。「アッキー」なんて呼ばれていたり割と国民もフレンドリーです。そこで、高度なギャグセンスのある写真をアップロードしたとしてかなり騒がれています。インスタにアップロードした写真が安倍政権に対して否定的な紙を持った方と笑顔で一緒に写っているのです。話題性としては抜群です。意外なことに安倍晋三の妻であるにもかかわらず考え方が結構逆と言われています。韓国が好きであったり、原発に反対していたり、人権問題についてかなり積極的な考えをもたれているようです。

面白い試み

面白い試み

※どの考え方が間違っているということを書いている記事ではないことを予めご了承下さい。

見方を考えると柔軟な考えをもった妻

そもそも、この話題を見ると一見して面白そうに見えますが、安倍晋三とは反対の考えを持っています。そんな妻と何故結婚したのかとも指摘が入りがちですが、政治については何が許される・許されないというわけでもなくどんな考え方であっても一旦認めて、お互いが妥協できる案を出し合うというのが現在の日本だと個人的に思います。

このことからも、安倍晋三の妻の昭恵は国民からも晋三からも受け入れられているようです。しかも、面白いことにアグネスやら別の考え方を持った人たちと自宅を行き来するような仲のようで、かなり面白い考えを持っているようですね。

このことからも、政治の何たるかを改めて教えてもらったような気がします。インスタを見たユーザー達は煽りであるというようなコメントや、別の考えを持った方に対して失礼だとのコメントがありますが、それらは現代の日本においては許容されている傾向にあるようです。このことからも安倍晋三の妻は結構良い人なのではないかなと思ったりもします。夫の晋三とは正反対であるため、家庭では度々考えがぶつかることもあるようですが、私たち一般の国民とは別の次元で活動されているような方なのでこのような生活スタイルになっているのかもしれません。昭恵は、家庭内における野党であると公言しているようです。

日本で5年ぶりのファーストレディ

まず、ファーストレディとはなんぞやと思われている方に、解説すると国などにおける重要な女性と言われていたり、大統領や総理の妻であると言われています。ファーストレディとしての活躍としては、外交において韓国や中国と積極的な関係を持った実績があるようです。

行動においては海外のファーストレディを意識しているのではないかとの見方もあるようです。考えてみると、色々な国のファーストレディはかなり印象的であったり、独自の魅力があったりもします。語源や方針について曖昧なのが悔やまれることですが、ファーストレディと似通った言葉でレディファーストという言葉があります。この言葉は一見女性を優先させて考える肯定的な考え方にあるようにも思えます。

ドアを開けて先に女性を入れさせるようなことがそのようなことに該当しているとされています。しかしながら、これは策略でありその先に「もしも」のことがあったらという考えであることなどに基づいているようです。例えば、ドアを開けた先に変な人や危ないものがあったなどです。

女性の方はあまり気軽にレディファーストと唱えない方がかえって身のためかもしれません。そんなこんなで、国家における重要なファーストレディとして現在も活躍されているようなのでこれらは応援したいところですね。実は、現在の日本の考えをうまく取り入れているのかもしれません。