精神安定のための食事、意外なものばかり紹介!

カテゴリー
精神安定のための食事

今回は精神安定のための食事について紹介したいと思います。ところで、世の中やテレビで精神を安定させるための食事について既にこちらの記事をお読みの方は探していたと思います。しかし、いかがだったでしょうか。お悩みの症状は解決したでしょうか、多くの場合知識が間違っていることから、この手の話題についてご存知ではない方が多いです。そんなこんなで、ちょっと違った視点から見て納得できる食事について勉強しましょう。

精神安定のための食事

精神安定のための食事

精神安定のための食事は1回程度じゃ安定しない

精神を安定させるために食事をしている方で多くの場合間違っているのが、1回食べて精神安定と思っていることです。多くの食事の場合は1回程度じゃ蓄積されない栄養素もあり、たんぱく質もその一つです。こちらも精神安定には欠かせない栄養素となっておりますし、間違っている知識を持っている方も多いです。できれば継続的に食べるように心がけましょう。次に優先順位の高い順番で、精神を安定させるための食事について書きます。

たんぱく質は精神安定に重要

私たちの体は不思議なことにたんぱく質に、電流があって物事を考えたりしているようです。その再生に必要なのは白米でもパンでもなくたんぱく質はたんぱく質で再生ということが必要です。皆さんがご存知かもしれないアミノ酸や疲れに良いとされるBCAAはたんぱく質を更に分解したものです。わざわざサプリメントなど摂らずとも、市販のたんぱく質のもので解決することが出来ます。食事の例としては、豆腐、鶏肉、牛肉などが良いたんぱく質です。太るのかと思われてしまいがちですが、食べ続けるとむしろ痩せる傾向にあります。日本人は極端にたんぱく質が不足しているため、精神安定をしにくいとも言われていますが、現代の栄養学からも残念ながら気づかれていません。なるべくたんぱく質の類は毎日食べるように心がけてください。

脂質も重要だが、良質なものを

脂質についてご存知ではない方がたくさん居られるようですが、これは良質なものであれば毎日食べるべきです。精神安定の食事としてはかなりの効果があります。えごま油やアマニ油などが良質な油とされていますが、鯖などの青魚から摂取できる脂質もあなどれません。巷で有名になったえごま油やアマニ油は、酸化してしまいすぐに劣化するという特徴もあります。この観点から行くと、常にフレッシュな脂質を摂取して、精神安定を図るなら鯖を使った料理を積極的に摂取することで、前述のたんぱく質とも合わせて摂れる事になります。ダイエットをする方にもかなり最適な食事になり、精神安定もあることから一石二鳥ですね。

炭水化物が精神安定させないこともある

一般的にカレーや米、パンを食べたらセロトニンが出るという言葉がありますが、これらは共通して炭水化物の塊です。そして、ファーストフードを食べると幸せになれるというような伝説もこちらから来ていますが、これはかなり一時的なものです。炭水化物は摂取が一番難しい栄養素で、精神が上がったり下がったりを繰り返していると、むしろ精神安定どころか、不安定になってしまいます。週に2回程度食べるくらいで十分です。まずは、これらの知識を2週間ほど試して、精神安定効果があったかどうかお試し下さい。