自由研究の書き方、簡単なものを実例付きで紹介します!

カテゴリー
文は真似てもらっても問題ありません

小学生や中学生になると自由研究というものがありますよね。初めてだったり、今年こそはまじめに書いてしまおうと思う方などは必見です。既に筆者が研究しちゃったのでまんま真似て書いても問題ありません。むしろ使ってくれたらうれしいなくらいの話なのでとにかくサクサクと読み進めていってください。最初は書き方を紹介しますが、まずは疑問に思ったことを書き、研究に移すといった感じです。真面目に書きたい方にも楽したい方も是非読んでください。

文は真似てもらっても問題ありません

文は真似てもらっても問題ありません

思ったことをまず書いてみる

自由研究は普段思っていることを書いてみます。例えば、何で鰹節はお好み焼きの上に乗せると動くのかといったことです。結果的に熱いお好み焼きの上に乗せると蒸気が出るので動いているように見えるといったことですが、これらの短文だけじゃ先生も理解してくれないでしょう。そんなこんなで、書き方としては普段このようなことを思っていて、何故なのか知りたくなったということを書いておけばまずはしっかり書いているようにも見えます。そんなこんなで、今回真似する方はして頂きたいのは割れないシャボン玉です。書き方そのものを自由研究で真似てくださってもかまいません。

そして自由研究のやり方について書いてみる

ここまで、普段思ったことですが、研究にしろ、自由研究にしろ、それを検証するためのやり方が必要となります。真面目に書きたい方はいくつかどうしたらそうなるのかという仮説を元に行っても問題ありませんし、失敗してしまっても問題ありません。自由研究なので、成果を出せと先生などは言っているわけではありません。極端な話、STAP細胞について研究したけど結果を出せなんて言われると無理なこともありますし、この研究については結論すら出ていません。

自由研究の結果を書いてみる

やり方は1つはいけないので3つくらいは準備しておきましょう。多少無茶苦茶でも問題ありません。自由研究はシンプルな方が筆者は好きですが、先生はそうとも限りません。いくつか頑張って、ダメだった、成功したということを書いてみるのがこちらの書き方です。

最終的な結論を書く

結論が出たところで、この研究はこうだったから成功した、失敗したということを書くのが良いです。自由研究から得られるものはたくさんあるので真面目な方は特にこちらが必要となります。原因が分かったら、それを結論として書くのが良いです。

自由研究を真似したい方へ

ここから、自由研究を楽したい方向けです。書き方なんぞ知らないけど、とにかく楽をしたいという方はこちらの写真をそのまま使ってもかまいません。先生に言われても「ライフヘルスが良いよと言ってたよ!」と言い訳しちゃいましょう。それは怒られるかもしれませんが。先ほど宣言したとおり、今回はシャボン玉で割れないものの作り方です。書き方については先ほどの物はある程度無視しております。写真などは準備してください。

・自由研究のきっかけ
私はスーパーで売っている割れないシャボン玉が好きで毎日遊んでいました。しかし、作り方が気になってのであらゆるサイトを調べて作ってみることにしました。

・研究のやり方について
まず準備するものは、洗剤と洗濯糊、グリセリンです。これらが割れないシャボン玉を作るのに必要ということが分かりました。しかし混ぜ具合によってもシャボン玉の割れやすさは決まるということでした。

※この書き方については真似ても良いですが、さらにアレンジしてください。

・自由研究の結果について
先ほどあげたもので、実際にシャボン玉を作ってみることにしました。様々な割合を試してみましたが、サイトや本で紹介されている一般的な作り方が一番割れにくいということを発見しました。今回作ったのはぬるいお湯を10ccに対して洗剤を10cc、グリセリンを30ccとしています。

・自由研究の結論
シャボン玉が割れるには、洗剤が蒸発してしまうことだからと知りました。このことから、割れにくくするには水分を更に増やす必要があるということが分かりました。なおかつ、保湿性の高いものが必要です。このことから、グリセリンが必要だなと今回の結果を考えて感じました。