夏バテの症状には頭痛、吐き気、眠気がある!治し方は?

カテゴリー
治し方も書いております

夏の季節になると、やはり多くの方が体験するのは夏バテですよね。普通の症状であれば、なんとなく疲れているという症状や、寝ても疲れが取れない、食欲がないといったことがあります。しかしながら、症状が進行すると夏バテは、頭痛や吐き気、眠気が起こることがあります。それらの予防方法や、既になってしまった方は治し方まで夏バテに関することを全て解説してみたいと思います。

治し方も書いております

治し方も書いております

こんな症状がある方は夏バテです

先ほど説明した通り下記が夏バテの症状となります。

・なんとなくの疲れ
よくある夏バテの症状であり、体に疲労感がずっと蓄積されたままです。

・食欲がない
定番の症状で、そもそも食欲がわかないとおっしゃる方も多いです。

・頭痛
症状が進行すると、頭痛が起こることになります。我慢することになれている方が多い傾向にあります。もしくは、新生活による疲れがこの時期にあらわれます。

・眠気
かなりお悩みの方が多いです。仕事や学業に専念しづらいレベルで起こる方も多いようです。

・吐き気
要因は色々ありますが、食欲がなくなってくると同時に次なるステージとしてある症状です。

夏バテの症状には治し方はあるか?

夏バテの症状の治し方は、とにかく休養が必要になります。そして、しっかりと食べることです。パンやご飯が必要と言われている現代の栄養学ですが、治すには豆腐や肉類を積極的に食べていくことが栄養学の面から見ても賢い治し方です。

筆者オススメのメニューとしてご飯もしくは、バナナに鶏肉系の料理をプラスすることで元気になれます。バナナはすぐに栄養になるものが入っており、鶏肉には人間の疲労回復の類に必要なアミノ酸が豊富に含まれております。病院に行って治すよりは早いです。

このことから、治し方としてはまずはしっかりと休養をとること、出来れば涼しいところで休養しましょう。さらに、そこから食欲がわいてくるので隙を見てここぞと言わんばかりに食べることをオススメします。

食欲がそれでもわかない方は、1日スポーツドリンクで過ごしてください。食欲不振や吐き気はほとんどなくなります。胃も一緒に休養できるのでこれらの症状はスポーツドリンクで解決です。筆者は去年この方法に気づいて、治し方はコレだと思いました。どの症状に対しても使える方法です。

特に吐き気や頭痛でお悩みの方は、耐え難いレベルになるとすぐに病院に行くことをオススメします。夏バテにも頭痛や吐き気などの症状が起こることもありますが、夏バテだけではありません。特に目の奥がズキンと痛むような頭痛、それに加えて吐き気がすると片頭痛。

頭痛がなくとも吐き気がするといった場合で耐え難いものになると、風邪もありえます。そうなると治し方を参考にするよりも病院に行くことが先決です。

夏バテの症状は色々あるけど原因は決まっています

夏バテの症状についてお悩みの方も多いと思います。原因は、やはり現代の科学が発展してきて冷房などの装置が発達してきて、それに頼りがちな生活になってしまうことです。現在夏バテでお悩みの方も冷房に当たりながら恐らく読まれている方も居られると思います。あえて冷房器具に頼らずに、1時間過ごして、1時間は冷房を使うといったような人間が正常に体温を調節する必要があると体に思い知らせてやる必要があります。

そうすることで、人間の体の機能も正常に回復して、原因ごと取り去ることが出来ます。しかし、もう一つ原因があるので注意しましょう。

それは、ストレスによるものです。人間はストレスを感じるとまずは血圧が上昇することによって体が火照ってきます。更に夏の炎天下となると最悪の出来事が重なります。コレによって眠れなくなって頭痛や吐き気が起こることもあるようです。

ストレスそのものは自分で感じないとなると、新生活の疲れが出てきたと予測できます。5月病が延長されたようなものとお考え下さい。これらが原因で、頭痛や吐き気などは起こります。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告