夏バテの方必見レシピ、簡単なものを集めました

カテゴリー
夏バテ防止にも!

夏バテになると何を食べるにも億劫になったり、そもそも食欲がわかないということはありますよね。更には行動意欲の低下となると簡単なレシピが必要になります。そんな方に向けて今回は夏バテ解消も含めた、簡単なレシピをお教えしたいと思います。ちょっとした豆知識ですが、体を冷やすならば必要なものと思われている炭水化物はあまり摂取しないほうが良いです。体を温める作用があるので、体を冷やしやすい夏野菜などが適します。

夏バテ防止にも!

夏バテ防止にも!

夏バテの時に知りたい簡単レシピ一覧

・おくらの煮浸し
準備するもの:めんつゆ、おくら、鰹節
簡単すぎて、びっくりするくらいです。どのくらい簡単かというと、おくらを好きな濃度のめんつゆでささっと煮てそのまま食べてもよしですし、夏バテの方は冷やして食べると良いです。食べるときには鰹節をトッピングしてください。活力がつき、ヘルシーと良い事ばかりです。

・ナスの甘辛炒め
準備するもの:しょうが、みりん、砂糖、醤油、ひき肉
まずは、ナスを食べやすい形に切っておきます。更に簡単にしたいのであればしょうがはチューブのものでかまいませんが、出来る方は千切りなどにしてください。醤油おおさじ3、砂糖おおさじ半分、みりんおおさじ3くらいの割合で甘辛炒めの材料を作っておきます。いよいよ簡単調理の開始ですが、まずはささっとしょうがを炒めてナスを投入します。しばらく蒸し焼き状態にしてあげて、タレを入れて味が染みれば完成です。意外と簡単レシピです。

・火を使わない冷しゃぶ
準備するもの:豚ばら肉、シソ、梅
ボウルに豚ばら肉を適当に入れておきます。そこに水を入れて豚ばら肉が浸かるようにしておきます。そのままレンジで様子を見ながら加熱を続け、お好みの具合になったら取り出します。その後冷水で冷ましてあげて、シソと梅を絡めるだけの簡単レシピです。筆者オススメであり、簡単すぎるワリにはおいしいです。

・簡単すぎる冷やしトマト
準備するもの:トマト、しょうが、塩
トマトを好きな形にカットして、しょうがは千切りにしておきます。あとは塩と、先ほどの材料を混ぜ合わせるだけです。夏バテのときにはありがたいレシピとなります。トマトは夏野菜の一つで、夏バテには是非とも食べておきたいところです。

・火を使わないサバ缶サラダ
準備するもの:サバ缶、レタス、大根、お好みでパプリカ
レタスは好きな形に切っておきます。簡単にしたいならば手でちぎっても問題ありません。大根はサラダにするならば千切りがおいしく味わえるので、千切りにしましょう。次に彩を良くしたい場合はパプリカなどを薄く切って、最後にサバ缶と一緒に混ぜれば完成です。好きなドレッシングなどで一緒に食べましょう。

・夏バテ防止にきゅうり昆布
準備するもの:きゅうり、塩昆布、ごま油
きゅうりは味の染みやすい形であればどんな形に切っても問題ありません。あとは、ごま油を好きなだけ入れて、塩昆布と混ぜます。これで終了で、おちゃづけにトッピングして食べてもおいしい簡単なレシピです。

・アボカドメインのマリネ
準備するもの:アボカド、トマト、たまねぎ、酢、砂糖、塩、こしょう、オリーブオイル
トマトをまずは好きな形に切ります。面倒な方はプチトマトというさらに簡単にする裏技もあります。たまねぎをスライスして、アボカドを角切りにします。最後に酢をおおさじ2、砂糖おおさじ1、塩はお好み、こしょうもお好みで混ぜます。しばらく冷蔵庫で寝かせ、これで完成です。夏バテに必要な栄養素がオールインワンになっている簡単オススメレシピです。

・よつばと丼(夏バテの初期に)
準備するもの:卵、ウインナー、めんつゆ、ノリ、ご飯
実は漫画から登場したレシピです。あまりの手軽さに人気になり、試す人が続出しました。卵は目玉焼きとして作っておき、ウインナーを火が通るまで炒めてご飯の上に目玉焼きとウインナーを乗せ、ノリをトッピングします。あとはめんつゆを醤油代わりに、かけて完成です。夏バテの初期に使えるレシピで筆者自身は非常に有効なものだと考えて作っています。アミノ酸も補給できるのがいいところです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告