腰痛が治らない原因はストレス!

カテゴリー
ストレスでした

腰痛が治らないと思っている方、整体に行ってもその場しのぎで治すことができますが、徐々に再発してきます。しかも、整体で悩んでいる半分以上の症状が何と腰痛であることが筆者個人の取材からも分かりました。このようなときに考えられる原因としてはストレスです。現代では解明されていない痛みというのは実はいくつもありますが、腰痛もその一つです。しかし、ご安心を。近代の研究では今回のようにストレスが原因と解明されつつあるのです。対処法などを知って腰痛を治してみましょう。

ストレスでした

ストレスでした

ストレスが原因の腰痛に治し方はあるの?

ストレスが溜まってしまうと、痛みをコントロールする脳のシステムの一部が正常に動作しなくなった結果、腰痛を感じやすくなる傾向にあるようです。具体的にドーパミンが関わっており、痛みに関する物質です。さらにはストレスが原因の腰痛というものは他の事も起こって、悪化します。それは、血行が悪くなってしまうことです。

結果的に筋肉が緊張した状態になってしまったまま戻らなくなります。良い状態というのはリラックスしている時であり、筋肉の緊張もほぐれている状態です。さて、これを治す手段についてですが、整体に行くのも1つの手です。単純に施術を受けるだけで体はリラックス状態になり、精神の安定効果もあります。

しかし、今回は整体に行っても治らない方が多いので悩んでいると思います。そのような時には、なるべく自分の体がリラックスできるようにぬるいお湯に長時間入ることをおすすめします。

熱いお湯に入ると疲労物質を溜め込んでしまうことがあり、ストレスも溜め込みやすくなるので控えましょう。ぬるいお湯に入ることで、体は温まり、血流も良くなり、筋肉がリラックスしている状態であると勝手に判断して徐々に腰痛が引いていくことがあります。

病院などに行っても、心因性だと判断されにくいことも多く単純に湿布を出されて終わりという結果もあります。薬による治療が始まってしまったときが一番厄介ですのでこちらも念頭に置いてください。

ペインクリニックは思った以上に慎重に選んで下さい

腰痛が治らなくて、ペインクリニックに行っている方も多いです。さて、そのときにそれなりに納得の逝く説明をされて薬による治療を始める方も多いのですが、段々それも効かなくなってきます。

治療期間の目安は1年くらいだと言われた方も4~5年くらいはいつの間にか通って、最終的に薬を貰って終わりだけのこともあります。さらに、出される治療薬の中には依存性が高いものも多く、治ったときにやめると離脱症状が起こることもあります。このことを踏まえてから治療を開始されることをオススメします。

離脱症状についてまとめてみました

腰痛が治らないとき、ストレスを減らす努力をしよう

腰痛が治らなくて、原因はストレスがあると分かったところで、実際にそれらの原因はどう取り除けばよいのかといった疑問が浮かぶと思います。

ストレスを溜めない生活は現代において無理です。このことから、自分のストレス耐性を上げる生活が良いです。具体的に運動などの習慣を身につけるといっても難しいと思います。

そのような時は食事で、たんぱく質を摂ることを心がけてください。実はストレスによって体から消費されるたんぱく質というものは想像以上のものです。

消費されるたんぱく質が無くなると、体もそれに対してストレスを溜める悪循環に陥ってしまいます。日本人はたんぱく質不足とも言われているので、いつもの食事に豆腐を付け足したり、肉を食べたりと簡単に腰痛が治らない原因であるストレスに耐性をつけることができます。意外な結果になってしまったと思いますが筆者個人が調べて最終的に行き着いた結論です。