夏までに痩せるダイエット方法は筋トレ!

カテゴリー
理想の体を!

夏までに痩せると思っている方、すでに遅いのではないかと諦めかけている方。夏までに痩せたいなら筋トレをオススメします。でもこの方法だと毎日へとへとになって筋肉痛になってつらいことばかりのダイエットなのではないかと既に戻るボタンを押したくなるような方が多いのですが勿体無いです。正しい知識を持って行えばかなり簡単なダイエット方法であるとお気づきになるかと思います。今年の夏こそ結果にコミットする為に正しい筋トレ知識を知っておきましょう。

理想の体を!

理想の体を!

夏までに痩せるなら筋トレはたった3種目でいい

夏までにという目標があるならば、筋トレはたった3種目でいいのです。男性、女性関わらずです。その3種目とは背中のトレーニング、胸のトレーニング、脚のトレーニングです。腹筋はどの種目をやる際にも自然と使うので、必要ありません。しかし、これらを鍛える意味が分からないと納得できないかと思われますのでまずはこれを説明します。フィットネス業界ではBIG3と呼ばれており、人間の大きな筋肉を鍛えることによって効率的にダイエットを行おうという考えです。

特にオススメなのが、脚の筋トレで人間の半分以上の筋肉の割合を占めているのでこちらを鍛えることが手っ取り早いです。ちなみに、割れた腹筋を手に入れたいといった要望でもスクワットでかなえることができるほど真面目にダイエットを行うと可能です。

筋肉は基本的に重いものを持てるようになる他、代謝もアップさせて通常の偏り脂肪を燃焼しやすい体にします。その他、背中や胸が筋肉量が比較的多い部位とされているので、夏までに痩せるとの目標があるならばこれらを鍛えるだけでビックリするような体つきになります。

筋トレに対する誤解をなくして夏までに痩せよう

夏の直前の季節というと、マラソンをしたりというのは難しくなってきます。更に腹筋をして筋トレをしているつもりになっている方は、今すぐやめておきましょう。中途半端にやるとウエストが増えてしまったり、夏までに痩せるという目的だと初心者にはそこまで効果はない他、腹筋が割れるトレーニングにもなりづらいです。

なぜかというと、腹筋が割れるには体脂肪が薄ければ大体の方は割れて見えます。

それに比べて筋トレは1日30分程度もあれば今回紹介したものはどれも済みます。かなり念入りに鍛えようという意思があれば別の話ですが、今回は夏までに痩せるダイエットということでこのくらいで十分です。しかも毎日やらなくとも2日に1回程度のペースで行うことが実は効率的に鍛えたり、ダイエット目的としては最適とされているようです。

それに比べて有酸素運動の類だと毎日何時間も行って体脂肪換算で0.3kg1日に落ちればかなり凄い方です。一方筋トレは30分で最短で体脂肪を減らすダイエットには向いているので楽して痩せたい方こそおすすめなのです。

夏までに痩せる筋トレの1週間のメニューを考えてみた

これまで紹介したトレーニングを1日でやろうと思うとかなり難しいです。BIG3と呼ばれてるほどあり、それぞれのトレーニングはかなりきついです。

■夏までに痩せる1週間の筋トレのルーティン
1日目:脚のトレーニング
2日目:休み
3日目:背中、胸のトレーニング
4日目:休み
5日目:脚のトレーニング
6日目:休み
7日目:背中、胸のトレーニング

具体的にトレーニング方法をお教えしていなかったので、夏までに痩せる具体的な種目を申し上げますと、スクワットで脚のトレーニングは基本的にOKです。背中のトレーニングは懸垂がオススメです。

胸のトレーニングは腕立て伏せといった感じに行います。最初は筋肉痛に悩まされると思うので、限界を3セットやるだけで問題ありません。

そして、常に限界まで行うように心がけてください。そうすることで筋力や筋肉はついていきますし、理想の体にもなります。

インターバルは3分~4分の間で設定して行ってみるようにしましょう。2週間あたりから違った自分の姿が見えます。筋トレは初心者ほどすぐに効果が出やすいので夏に痩せるような目標の方はどのダイエット方法よりも良いです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告