風邪薬でアレルギーの症状が出ることもある!

カテゴリー
用法用量を守りましょう

市販の風邪薬というものはかなり便利な反面、危険が潜んでいることは既にご存知だとは思います。市販の風邪薬の中には痛み止めや熱を引かせるための成分、抗ヒスタミンと呼ばれるもの、咳止めなど色々なものが入っているようです。さて、そんな風邪薬が副作用としてアレルギー反応を起すことがあります。症状を止める為に飲んだのに頭痛が起こったり、だるくなったり、発疹が出てきたりと散々な結果になります。今回はそれらのことについて解説と、どのような風邪薬を選べば良いのかなどを紹介していきたいと思います。

用法用量を守りましょう

用法用量を守りましょう

風邪薬でアレルギー症状が起こったケース

あらゆる風邪薬を飲んで、色々試してみてもどうも頭痛や吐き気、めまい、だるさなどの症状に悩んだ患者が居たようです。結果的に風邪薬による薬物性アレルギーだったのですが、これは誰でも起こす可能性があります。特に家族で同じような症状を起した方が居る方は要注意です。

このような症状に陥りやすい方の特徴としては、蕁麻疹を慢性的に抱えている方がなることが多いようです。また、いきなりアレルギー反応を示すこともあるので過剰に飲んだりすることもしてはいけません。長引く症状によって風邪薬を推奨されている期間以上を服用していたりするケースは意外とあります。

そのような場合はしっかりと病院に行って原因を突き止めることが重要です。もし、風邪薬でアレルギー反応と思われるようなことが起こったら、すぐに服用を中止することはもちろんのことですが注意深く見る必要があります。

一番危険なのはアナフィラキシー・ショック、つまりショック症状を起してしまうこともあります。アレルギーが風邪薬によって起こった時はすでに危険な状態で急に寒くなったり、熱くなったり、意識が遠のくような形になったりと救急車を呼ばないといけないようなケースに陥ってしまうこともあります。

このことからも、風邪薬でアレルギーが出たと軽く見ないでおいて正しい風邪薬を選ぶ必要があります。

アレルギーが出やすいかたは非ピリン系の風邪薬を選ぶ

最近は大体のものが非ピリン系の風邪薬ですが、イブプロフェンやパブロン、ルルなどが有名な非ピリン系の風邪薬であり、アレルギー症状が比較的起こりにくいとされています。

また卵によるアレルギーがある方は塩化リゾチームという成分がアレルギーを引き起こすことがあります。すでに回収などが始まっているので、このあたりはあまり警戒する必要はありませんが念のためこのようなアレルギーを抱えている方は医者から風邪薬を処方してもらう方が無難な選択となります。

とにかく使いすぎには要注意です

何度でも言っておきたいことですが、市販の風邪薬で対処できないことは多々あります。

そのようなときには速やかに病院に行くように心がけましょう。風邪薬に対してアレルギーはないから大丈夫と思っている方でもいきなりアレルギー反応を示すこともあります。

それは前述のように飲みすぎが原因で起こることもあります。そうなると、いざというときに風邪薬に頼ることすら難しいことになりますし、一生付き合っていかなければならないようになります。

アレルギーが風邪薬によって起こるのではなく、内蔵の動きが弱くなってしまったり、頭の働きが低下したり、脳が萎縮したりするケースもあります。実際に運転に要注意してくださいと書いてある風邪薬が多いのですが、眠気だけではなく脳自体を麻痺させてしまうこともあります。

普段考えたら分かるようなことが思いつかなかったり、とっさの判断ができなくなったりと風邪薬はアレルギーより怖い要素も持ち合わせています。

用法用量を守る範囲であれば問題ありませんし、しっかりと添付文書を読んでから服用をして下さい。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告