リクナビが卓球台を卓球台以外での使用方法を聞き、大炎上!

カテゴリー
謎問題すぎます

リクナビといえば、かなり有名どころの企業ですよね。お世話になった方や、現在もお世話になっている方など様々です。そんな中、このような出題をしたようです。「卓球台の、卓球台以外の活用方法を教えて下さい」というような質問です。一応どこかの企業が出したものですと注釈をしているようですが、取ってつけたような嘘はTwitterユーザーに見抜かれて、かなりの大炎上をしているようですね。ネットの反応や今時の就職活動事情をまじえて解説していきたいと思います。

謎問題すぎます

謎問題すぎます

リクナビの卓球台騒動に対するネットの反応

Twitterでは、冗談でもやめたほうがいいというような反応や、卓球台を作った人にかなり失礼という反応、ふざけないでという反応が飛んでいるようです。リクナビはこのような騒動を見かけて削除の措置を取ったようですが、それでもかなりの炎上っぷりを見せ付けているようです。巨大掲示板でも大喜利をはじめたかというツッコミや、何のための質問なのかとリクナビに対して呆れのような反応も見せています。

現代の日本はかなり不況であり、それに対して何の意味もない質問や、就職活動を真面目に行っている人に対する挑発行為のようにも見られて、それが反感を買ったとも思えます。

仮に不況ではないバブルの時代だったりすると恐らくここまで目くじらを立てて怒る人も少なかったとも思えます。ともあれ、リクナビはもう少し就職活動や転職活動を行う方の気持ちも考えてあげるともっと良い企業になるのではないでしょうか。

現代の就職活動とリクナビ

やはり現代の就職活動とリクナビは切っても切れない関係ですね。これだけ影響力の高い企業であれば、常識を作り出したり、価値観を作り出したりということも可能です。

それもそのはず、厚生労働省から支援を貰っているサイトでもあります。このような関係で日本の会社の動きも、2000年を境にリクナビが一部動かしているのは明らかです。

いろいろ勘違いをしてしまった企業が、無意味な面接を行うようになっているのもこのあたりが恐らく影響していそうですね。

筆者個人的に考えても、今回の卓球台を卓球台以外での使い方を聞くのには仕事を行う意味ではほとんどの場合ナンセンスだと思います。ちょっとした思考力などを求めるのには最適な質問ですが、それが重要であるかのような質問に見せかけているのも問題点でしょうか。

正解が無い質問は今時の企業ならば目的が無い限りはやめておいたほうが良い気もします。

今時の就職活動に物申したい

現代の就職活動はよく、正解がないような問題を求めることがあるようです。

落とすような理由にしたいとか、思考力を求めたいという目的もあるようですが、本来の就職活動や面接というものは企業が就職活動を行う人に持っている技術や出来るようなことを問い、求職者はそれが出来るかどうかというシンプルな答えで良いと個人的に思います。

ここが見抜けないので、アレコレと面接があるというのは承知の上です。雇用関連の法律を見ても闇が深いのでこのあたりの問題に拍車をかけているのかもしれません。

このような観点から見るとリクナビの卓球台問題も仕方ないような気がしますが、世の中の動きを広報の方はもう少し見てほしい感じがします。

そして、世の中の企業サイドに影響を与えることが出来るリクナビなら、意味のある面接などに持って行くようにすればいいのではないかと思います。

就職活動者が50社、100社と受けるのもかなりの負担だと思いますし、おかしいと感じるべきです。