食欲がないときの食事はパターンがある

カテゴリー
方法はいろいろある!

食欲がなくて焦っている方が多くなる季節ですよね。動くには何か食べなければならない、食欲がないときの食事はどうすればいいかとお悩みの方も多いと思います。そんな時、パターンはいくつかあります。あなたがデスクワークか体力系の労働を行うか、療養中かで変わってくることもありますし、それぞれのパターンに応じた食事をお教えしたいと思います。

方法はいろいろある!

方法はいろいろある!

食欲がないときは食事を食べなくてもいいこともある

ひとまず言っておきたいことは、食欲がないときで食べなくていいことはいくつかあります。人間がそもそも不調を訴えているサイン、胃腸が弱っていることを体で実感しているのでしばらく休めてあげるのも1つの手です。何か食べないといけないと思うのも人間に刷り込まれたちゃんとした考えでもありますが、これが逆にダメな場合もあります。このことから、どうしても食べたくないとおっしゃる方はまずは何も食べないという選択肢もあります。デスクワーカーや療養中の方はこれで基本は問題ありません。肉体労働の方はなんとかして食べるべきなのですが、食欲がないときはどのようにすればいいのか最後のあたりに書いております。

食欲がないとき、飲めばいいじゃない

胃腸の不調があるとき、医者はよく流動食や飲み物をオススメすることがあるようです。なぜかというと、胃腸で食べ物を処理するのにも人間は体力を使います。食べるという行為は体力があって初めてできることなのですが、食欲がないときは体力低下のサインでもあるので消化の必要がない飲み物にすることが良い場合もあります。スポーツドリンクや、プロテインといったものを飲むことで胃にやさしい食事が出来て食欲がないときにはうってつけとなります。スポーツドリンクは基本的に人間の生命を維持するのに役立つものしか入っていない上、飲む点滴と言われるくらいです。プロテインをオススメした理由は後述しますが、まずは食べる意味での食事ではなく、飲む意味での食事も結構大事ということを頭の片隅にでも入れてくだされば幸いです。

体力系の仕事の人はとにかく食べよう

体力系の仕事を行う方で、食欲がないときはあえて食べるしかありません。プロテインでも良いのですが、たんぱく質系を中心に補給することをおすすめします。体の再生には何が必要かというとたんぱく質で、人間が必須だと思われている炭水化物の優先順位は脂質よりも実はかなり低いです。さらに体力をかなり使うお仕事ということで、食べないということは筋肉が失われていくことになります。そうなると、仕事がいつもより辛く感じたりとあります。そのようなことから豆や牛肉といった食品を中心に食べることをまずは先決で考えましょう。テレビなどで聞いたことあるようなアミノ酸が体の回復を促して、寝起きにはしっかりと回復していることもあります。フィットネス用語で使われる言葉ですが、超回復のようなものを起して前よりも力がついた状態で復帰することが出来ます。

たんぱく質の必要性をもっと知ってください

いくつかの方法を書きましたが食欲がないときは明らかに体のどこかが機能低下を表しているサインなので、早く治してあげる必要があります。それに必要なのは薬ではありません。根本的な治療になっていないので、一時的な食欲不振があって回復してもすぐに食欲不振になります。その回復に必要なのがたんぱく質であります。良薬は口に苦しといいますが、やはり苦い思いをしてでも摂取することが回復の一番の近道だったりします。食欲がないとき自分の納得できる方法をまずはお試しください。