暑い日の夕食、ご飯を別のレシピに変えてみよう!

カテゴリー
意外なものがおすすめですよ

暑い日となると、食欲が落ちてしまいますよね。しかも夕食時となれば働いていたりするともう食べなくても良いのではと更に悪循環になったりします。そんなとき、おすすめしたいレシピがいくつかあるので是非作ってみましょう。そして、暑い日の食欲がないときこそ食事をしっかり摂っておかないとこれが夏が終わってもなぜか続いてしまうことになります。気づいたときには代謝が低下しきって、太りやすくなるのでやはりしっかり食べておくべきです。

意外なものがおすすめですよ

意外なものがおすすめですよ

暑い日の夕食はご飯ものではなく、肉や活力のつくものにしてみる

・蒸し鶏
作り方は簡単で、単純に鶏肉を茹でて自分の好きな形に手でさいておくか、好きな形に切ってキュウリと一緒にポン酢で食べる簡単レシピです。実は筆者は、このレシピに変更してから夏に食欲がわかなくなるようなことはあまりありません。ポン酢が良い感じに食べやすさを助長してくれて、暑い夏の日の夕食にはとても最適です。

・おくらの煮浸し
おくらというものは低カロリーで食べやすいのですが、おくらの煮浸しは特に夏の暑い日には最適です。活力をつけてくれて、男性などには特に効果があります。作り方はこれまたいたってシンプルで、おくらをめんつゆなどで煮込むだけの簡単なものです。醤油やダシ、みりん・・・といったような調味料を使いたいところですが、こちらは任意で行ってください。恐らく暑いときだとかなり面倒な気がするので、めんつゆはかなり優秀だと思います。

・鶏の南蛮漬け
少し時間はかかってしまいますが、こちらもおすすめです。鶏を好きな形に切って、片栗粉としょうがやコショウなどと一緒に揉みこんで休ませておきます。そこでたまねぎやにんじん、ピーマンを全て千切りなど食べやすい形に切っておいて野菜は準備完了です。鶏肉は大体160度くらいで揚げてキッチンペーパーなどで油をきっておきます。タレはだしの汁を150mlに対して、酢をおおさじ4、砂糖おおさじ3、醤油おおさじ3というような組み合わせでOKです。
暑い日の夕食にはどうかなと思いがちですが、意外に食べることができます。クエン酸やアミノ酸が疲れきった体を修復してくれるので夏などにはおすすめです。

・シンプルな豆腐サラダ
準備するものもかなりシンプルですが、豆腐とレタス、トマト、きゅうりといった夏に食べることがあるものを好きな形に切って、お皿に盛って、その上に豆腐を乗せて醤油ベースのドレッシングで食べるのがおすすめです。暑い日の夕食どころか保冷環境さえしっかりしておけば会社に持っていくことも可能です。すぐ食べることもできます。

今回紹介した暑い日の夕食のレシピについて

今回紹介させて頂いたのは、共通点があります。あまりご飯を使うようなレシピは紹介しておりません。なぜかというとご飯は確かに人間に大事な食べ物ですが、暑い日の夕食に食べると代謝が一気に上がってしまって余計に暑い思いをしてしまうからです。そうめんが最適という方も居ますが、夏バテのときに更に悪化させるような食べ物の代表例だと筆者は感じております。さらに、アミノ酸に着目しており、人間の体が回復するのに必要不可欠なものです。これを食事でうまく摂取して、体を正常に回復させようという目的もあります。上記レシピは減量にも向いておりますし、夏をスリムな体系に保つにも役立ちます。これらを参考にして、暑い日を是非とも乗り切ってみてください。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告