牛肉のおいしい食べ方!安くてもおいしいよ!

カテゴリー
おいしい食べ方はパターンだ!

スーパーでたまたま安売りしてた牛肉や、牛肉をおいしく食べたい方居ますよね。実はそれぞれのパターンで加熱してあげればどのお肉もおいしく食べることが可能なのです。しかし、多くの方が適切に料理をしていないせいでおいしくなくなってしまいます。そんなこんなで、それぞれのパターンに応じたおいしい牛肉の食べ方、安くても問題ないってことをお教えしたいと思います。

おいしい食べ方はパターンだ!

おいしい食べ方はパターンだ!

牛肉のおいしい食べ方の共通点

牛肉のおいしい食べ方、いや肉類のほとんどですが、手間をかけたら安い場合でもおいしく食べることが可能です。そして、それなりに適した方法で調理をすることが大事です。そんなこんなで、下記にズラーっとおいしい食べ方をぞれぞれの場合について網羅して書いておりますので、必要な部分を読んでみてください。

脂質が入った牛肉こそよく焼いて食べよう

高い牛肉の国産である場合は例外ですが、安くて一見脂身が乗っておいしそうな牛肉も中にあります。レアなどの具合に焼いておいしく食べようと思っても何だかこれは違うと思った方も多いのではないでしょうか。安い牛肉は脂身の風味が臭いことが多く、極力焼くなりして脂肪分を落として食べることをオススメします。これが筆者流の牛肉のおいしい食べ方ですが、これはいわゆる厚切りの牛肉の場合です。他にもガンガン紹介します。細切れの場合はどうかというと、焼く場合は面倒ですが一枚一枚焼肉のように焼いてあげてください。

一気にフライパンで炒めてしまいがちですが、そもそもの味わいを炒めるのではなく痛めている可能性があります。また、茹でたり煮物で食べたりする場合は、圧力鍋で加熱してあげましょう。使っている方は既にご存知だと思われますが、牛肉が牛丼のようにジューシーな味わいになって安い肉でもそれなりのおいしさになります。この食べ方は一度ハマるとクセになってしまうくらいです。

あまり焼かなくていいのは脂質が少ない牛肉

前述のように国産の牛肉は例外としてこちらに入れます。いわゆるレアなどに適している牛肉はアメリカやカナダの牛肉、前述の国産の牛肉です。個人的にオーストラリア産は救いようがないので除外です。日本産に比べて脂肪分がかなり少なく、牛のタタキに適していたりすることが多いです。

ステーキ用の牛肉がアメリカ産で安かったりしますが、この場合はやはりレアの具合に焼くと良いです。焼きすぎたりしてしまうと、牛肉の臭みが苦手な方はそれが増してしまう可能性もあるので要注意です。このことからレアで焼くことをオススメします。ちなみに表面に菌が発生しているので、その部分を焼けば基本的に牛肉は大丈夫です。時間がたっていたらしっかり火を通したりするべきですが、比較的新しい場合はこの方法がとてもおいしい食べ方になります。

牛肉をおいしく食べるための調味料は?

牛肉をおいしく食べる為に必要なのは、今回は味付けが難しいステーキ用の牛肉に絞って説明させて頂きます。基本的に塩で食べるべきなのは高いお肉で安い牛肉でおいしい食べ方を探している場合は逆にタレなどの類をたくさんつけるべきだと思います。

臭みが苦手な方はいつもより香辛料を増やしてみたりするのも問題ありません。にんにくをベースとした味付けが個人的にシンプルでとてもおいしい食べ方だと思います。マスタードをつけるのも意外においしいのでステーキ用の牛肉を食べる方はこれを心得ておいてください。

また、焼く前に気をつけてほしいことがありますが、牛肉はなるべく常温に戻してから調理を始めるようにするのがおいしい食べ方です。火の伝わり方もやはり違います。そして、焼く直前に味付けは行うことを意識すれば初めての方でもおいしく牛肉を調理することが可能なので是非、お試しください!


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告