地鳴りは地震の予兆とは関係があまりない

スポンサーリンク

さて、地鳴りについて筆者も含め多くの方が地震の予兆と関係があると勘違いしている可能性があるのでこちらで改めてまとめてみたいと思います。とにかく根拠は無いけど地鳴りがあるから地震の予兆なのではないか、また関係があると信じ込んでいた筆者ですが先日の出来事で完全に勘違いであることが分かりました。

関係なかった・・・!

関係なかった・・・!

そういうのも、地鳴りが酷いなと近くに住んでいた友人に話したところ、そのように聞こえる工事があったという出来事がありました。それだけに留まらず、勘違いではないということを証明したく調べてみればみるほど地震と地鳴りは予兆とは関係が程遠いということが明らかになりました。

地鳴りを感じたら結構な確率で勘違いであることを疑う

なんとなく地鳴りなのではないのか、地震の予兆かもしれない、そう感じたらまずは近場で起こっている出来事を疑ってみましょう。

それは工事だったり大型車が通る音だったりするかもしれません。飛行機が通過していることもあるでしょう。地鳴りかなと感じたときに音の位置を探ってみると雲の上を飛行機が通過中であったということがありました。

また気圧の関係で上空から強い風が吹くことがあります。これはダウンバーストやマイクロバーストと呼ばれており、これが地鳴りとして認識してしまうこともあります。しかし、よく考えてみてください。仮にこれらが間違っていたとしても、テレビなどで注意報として報道されているはずですよね。

「地鳴りがあり、地震の予兆なので皆さん非難してください」なんてテレビは言わないです。それらを感じたからといって地震が本当に来た例もあまり聞いたことが無いというのが現状です。

また、地震と前兆を意識しだすようにメンタル面が神経質になることで、普段聞こえないような音についても聞こえてしまい、危険であると人間は認識することがあるようです。

そうは言えど、地鳴りと地震はセットのこともある

あえて言いますが、地鳴りが起きて地震があることもあります。しかしながら、予兆ではありません

。地震が発生するときにはまず小さな縦揺れから始まって、横揺れで終わりますがこの小さな縦揺れの時点で地鳴りが起こっている可能性は充分あります。

しかしながら、それらを私たちが感じている頃には緊急地震速報というものがまず皆さんのスマホなどに到着しているかと思われます。

その証拠に地震が起こるときにはP波、S波というものが発生します。最初に説明した地震が発生する順序でP波→S波ときます。

このP波の時点で地鳴りが発生していると確実に認識できますが、やはりこの時点で緊急地震速報が出ています。

また、このあたりから前兆として認識しても良いのかもしれないと勘違いしている方がいますが、関係が無いことを今回でお分かり頂けたかと思います。

○○県で地鳴り発生?もう聞き飽きました

よく、どこかの県で地鳴りが発生したと様々なサイトが騒いでいることがあります。

特に最近では高知県で地鳴りが発生しているから地震の予兆であり、気をつけなさいと危機感を無駄に煽っているサイトを見かけます。

これは「はらみのジャン」という名前がつけられており、高知県の不思議な出来事として知られているようです。

知らない高知県民も多いのですが、この音が聞こえると魚がつれなくなってしまうといった現象が起こるようです。

地震の予兆なのではないかと認識されてしまっていますが、このメカニズムはなんと未だに解明されていません。

地震との関連性も指摘されていますが、報告があったからといってすぐに地震が発生しているわけでもないということがTwitterなどを見ても明らかです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告