魚を骨まで柔らかくする方法はかなり簡単です

カテゴリー
魚の骨まで柔らかく

魚を調理して、煮物にする時缶詰のように骨まで柔らかくするにはどうしたらいいのだろうとお悩みの方が多いのですが、実はこれかなり簡単です。時間をかけるか圧力鍋を使うかだけです。魚の骨が苦手といった方などには特にオススメしたかったり、食べやすい方法ですよね。そんなこんなで最初に骨まで魚を柔らかくする方法をお教えしたいと思います。

魚の骨まで柔らかく

魚の骨まで柔らかく

単に圧力鍋を使って20分くらい煮込めば完成

魚の骨まで柔らかくするには圧力鍋を使って20分くらい煮込めば完成します。さて、圧力鍋や長く煮込むことで魚を骨まで柔らかくして食べることができるのか不思議になりますよね。ちょっとこのあたりも解説しておきたいと思います。通常、たんぱく質などに対して加熱を行うことは細胞を壊しているのと一緒です。結果的に人間が食べやすくなるのですが、これを過剰に行うことによって肉がホロホロになったり、魚を骨まで柔らかくして食べることが可能なのです。しかも、圧力鍋を使うことで通常よりも高い温度や圧力を設定することになるので、調理効率もかなり上がります。わざわざ要らない添加物や調味料が入った缶詰を買って食べる必要もありません。その他、魚の骨までやわらかくして食べたいとなると時間をかけて煮込むのですが、やはり現代人となると圧力鍋は高くないので買っておきたいものです。

魚の骨まで柔らかくするおいしいレシピも紹介

■鯖の味噌煮

必要なもの:サバ、しょうが、水200ml、料理酒100ml、みりん、砂糖、味噌

作り方:適当に買ってきたサバを切りますが、まな板が汚れるのが嫌な方はラップや紙などを敷いておくことで臭いのうつりを防いだり後片付けも簡単にすることが可能です。そして、サバが崩れないように皮に切り目を入れておくことで比較的綺麗な見た目の調理をすることが可能です。次に、沸騰寸前のお湯を準備します。ボールなどにサバを入れてその上にお湯をかけて洗うことで消毒や臭いを軽減することが出来ます。そんなこんなで、しょうがを適当な形に薄く切って、水と、料理酒とみりん(2:1で、みりんは適量)を多めに加えながら味噌を火にかけてあたためながら溶かします。皮を上に向けて、サバを加えます。なべ底に向けてしまうとひっついてしまうので要注意です。後片付けが面倒です。そんなこんなで、圧力鍋に入れて魚の骨が柔らかくなる料理の終盤です。圧力鍋のふたをして数分間は鍋や魚を温めて安定させます。そして、20分くらい中火で加圧して、圧が抜けるのを待って終了です。

魚の骨まで柔らかくすることのメリットとやわらかくなる原理

時間がないときや、後片付けが面倒なとき、さっと食べて終わらせることができます。意外と食後は面倒なものですよね。魚の骨まで柔らかくすることでご年配の方なども安心して食べることができますし、お子様にもとても安心です。骨はカルシウムも含まれていますし、たんぱく質とのかなりの相性ですので是非とも摂取しておきたいところです。

その他原理としては、やはり高温での加熱です。お店で販売されている魚の骨のチップスは挙げて調理されていますがやはりこのあたりに温度が関わっていたり、時間も関わっていたりとあります。通常の水分をより高温にするようにして調理するのが圧力鍋なので、温度の関係も簡単に実現出来ます。普通の鍋よりは高いですが、それ以上の価値はかなりあります。

質問がありましたので、補足をしておきます。圧力鍋は高い安いは関係なく性能を発揮しますが、安いものだと蓋が閉まりにくかったり安全設計も大分違います。説明書どおりに使うとどれも安全です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告