肩こりに筋トレが逆効果なのは嘘!正しい知識を!

カテゴリー
肩こりなおるよ!

肩こりに筋トレをすると逆効果ですよというサイトをよく見かけますがこれはそもそも筋トレを行ったことが無い人や、知識が浅いために色々と嘘の情報を並べています。まずこれらを書いているサイトの言い分としては、筋繊維にダメージを与える筋トレは結果的に血流が悪くなって肩こりが悪化してしまったり、逆効果であると述べています。通常、筋トレを行うと筋肉はパンプアップなどの現象を起こして血流がかなり良くなります。

肩こりなおるよ!

肩こりなおるよ!

肩こりが筋トレに逆効果って言われている理由

恐らく筋トレをすることで肩こりが悪化したり、これらの症状について逆効果だと述べている方は筋肉痛を肩こりとして認識してしまっていると思います。単にその筋肉が使われていなかったり、運動不足の可能性があるのでそのあたりは真剣に受け止めて体質改善を目指しましょう。また、多くの方は筋トレについて誤解しているのですが、6~10回程度が限界になるような重量を用いたトレーニングを3セット程度おこなうことで筋肉に効果的とされています。

それ以上回数をこなせばいいというわけでもなく、それ以上やってしまうとむしろ有酸素運動になってしまいがちです。肩こりを筋トレで治そうと思うと、これらのことも考える必要があります。さらに、体質改善するにしても毎日行う必要もなく1週間に2~3回程度でOK!肩こりを治す目的であれば充分すぎるぐらいです。

しかし、自分は肩こりに対しては逆効果だったんだけどと思われている方も居られると思いますので、このあたりも説明したいと思います。まず、高確率で筋トレを行っているのではなく、肩に余計な負荷などをかけてしまうトレーニングをおこなっていることが予測できます。

もっと分かりやすく書いてみると、間違ったフォームで筋トレを行っていますし、体を壊す原因にもなってしまうので様々なサイトを見て筋トレのフォームを習得するようにしてください。

そんなこんなで筆者が筋トレで肩こりを治した

筋トレを行っていると肩こりは治るどころか逆効果になるという説を筆者は信じていました。運動しないから言える意見でしたが、しばらく筋トレを続けているうちに肩こりに悩まされることはほとんど無くなりました。全く無いと言えば嘘になってしまいますが、肩こりを治すにはかなり良いものであることを再認識しました。

体験があるからこそこうやって書けますし逆効果だなんて記事を書いて恥をかかなくて良かったとも思います。でも、ここまで読んでみるとキツいトレーニングではないと意味が無いのではないのか、そもそも筋トレってきついものではないのかといった意見が出てくると思います。

そのあたりはご安心ください。単なる体質改善が目的であれば、そこまで真面目にやりこまなくとも大丈夫です。ただ、長い目で3ヶ月続けることを目標で、週に2~3回ペースで行う程度で問題ありません。ある程度きつく感じる必要はありますが、必要以上に頑張らなくて良いのが筋トレです。

筋トレが肩こりに逆効果と言われるもう1つの理由を書いてみよう

筋トレとセットで出てくる話題はプロテインです。日本語に直すとたんぱく質です。トレーニングを行って筋繊維が破壊されてしまうのでもちろん再生にはたんぱく質が必要です。人間はたんぱく質からなりたっており、再生に必要なものもたんぱく質です。たんぱく質の摂取を怠っていると筋肉にもあまりよろしくありません。

かといってプロテインは飲みたくないとおっしゃる方は毎日の食事や筋トレ後のご褒美としてたんぱく質にあたるサラダチキンや、カロリーが気になったりダイエットも考える方は豆乳を飲んでください。

これで筋肉的な疲労は軽減されますし、たんぱく質によってしっかりと筋肉が再生されます。ここらを甘く見ているとやはり肩こりに逆効果だったと言ってしまう原因にもなってしまうのでお気をつけください。