小顔は実は筋トレをメインとしたトレーニングでなれる

カテゴリー
レッツトレーニング!

小顔にする方法を調べていたら色々出てきますよね。筆者は体より顔が先にむくんだり太ったりするタイプで、このような方は特に小顔になりたいと考えているようです。しかし、これってトレーニングによって簡単に治るというのはご存知だったでしょうか。舌などを使わずともトレーニングをすることで、なることができます。それも筋トレです。実際に小顔になっていった筆者の体験を元に小顔になりたい方は参考にして下さい。

レッツトレーニング!

レッツトレーニング!

美顔ローラーなどもいいけど、筋力をまずはトレーニングせよ!

世の中に出回っているような健康美容器は意味が無いとは言いません。使い方によってはありますが、効果が薄いときもあります。そこで、オススメしたいのが筋肉自体をトレーニングしてしまおうということです。普段皆さんの顔からつま先まで覆っているのは脂肪です。これが多いか少ないかで体脂肪率も決まりますし、顔の形成要因にもなります。そこで筋トレを行うことで筋肉量が増えたり、正常に活動しだすことで小顔というものは実現できました。さて、問題の筋トレをするにはまずどこの部位をトレーニングしたらいいのかと気になりますが、好きなところをやってください。

なぜそのようなことを書くのかというと、人には脚やお腹など様々なコンプレックス要因がありますが、まずはそこをキツイなと思うまでトレーニングしてください。このときに何が起こるかというと、半分部分痩せの効果も持たせ、キツイと感じることで顔も少し力みます。

これで顔の筋肉がトレーニングされているわけです。マッチョになったりするのは嫌だと思われる女性もいると思いますが、そこは問題ありません。世の中のマッチョな方はプロテインを体重の2倍以上と計算して毎日摂取して、糖質の量も人より考えに考えて、グラム数単位で正確に把握している方がほとんどで、そのような食生活を繰り返してマッチョになります。普通にトレーニングしただけでは、脂肪燃焼や顔立ちがスッキリするといった程度なので、ご安心を。

これらが終わったご褒美に美顔ローラーをあてて、強弱のある顔立ちにしあげていきます。あまり効果が出ないと考えている方はこれらの過程を飛ばしていることも多いです。生活そのものが問題だったりもしますが。

筋トレで小顔に気づいたのは実際にトレーニングを始めてからだった

筆者は別に小顔になろうと思って筋トレをはじめたわけではありません。体重を減らそうとも考えていませんでした。筋肉は脂肪より重いからです。減ったらむしろ逆効果くらいで考えて、トレーニングを行っていましたが、ある日人に指摘されて気づきました。

「ちょっと顔立ちスッキリしたよね!」と職場の同僚に話しかけられましたがトレーニングを始める前よりはずいぶんと変わっていました。体重は増えもせず減りもせずでしたが、お腹周りもスッキリです。これは単純に体脂肪が落とされて、筋肉が多少なりとも増えたと考えることも出来ます。

そんなこんなで、体重も減らず脂肪がほとんど落ちることで体も顔もスッキリとしたものになったようです。女性の方ならば、まず体重が減ってないなら意味が無いじゃんと思いがちです。トレーニングの知識が無いと恐らくそうでしょう。しかし、体重が減ると共に筋肉も落ちているというのは事実です。

そこから、代謝が減ってリバウンド体質となるようです。そんな体は女性は求めていないと思いますし、たまにはハメをはずしてご飯も食べたくなることでしょう。このような意味からも筋トレはとてもおすすめで、特にこだわりが無いならば、とにかくはじめてみましょう。思いつかない場合はスクワットを正確なフォームを取得してやってください。恐らく自分の体重だけでもかなりきついことに気づくと思います。