痩せやすい体になる方法はすでに今出来ている

カテゴリー
非常に痩せやすい体系です

痩せやすい体になりたいとお考えの方も多いと思います。しかし、今既に出来ていると考えます。それは何故なのか、自分は痩せにくいはずなのにといったことを考えていると思います。努力の方向を間違ってしまっていたり、成果が出る期間を見落としているだけです。痩せやすい体になる方法を知らずとも何故今準備できているのかお教えしたいと思います。そして、人には太りやすい太りにくいなどの体質はあまり関係ありません。

最初は歯切れの悪い文章ですが、このような文章が嫌な方は中盤から見ることをおすすめします。

非常に痩せやすい体系です

非常に痩せやすい体系です

なぜ痩せやすい体は方法を知らずとも出来ているのか

ここから少し納得できないかと思われる文章が続きますので、面倒な方は中盤から読んでください。

もし、今あなたが肥満体系の場合は既に痩せる条件としては好条件です。すでに痩せ型でモデル体重を目指している方ならば後述することを行ってください。まず、肥満である方は何故好条件なのかと言うと物凄く燃費が悪い体として成り立っています。これは冷え性がどうだとか関係ありません。燃費が悪いと言うことはそれほど多くの食事を必要としており、現代人における食というのは炭水化物中心で成り立っております。炭水化物は体に悪いものとしてとらえられていますが、半分正解で半分間違いです。痩せやすい体や方法を意識している方で太っている方は、大体の場合は炭水化物がとても大好きな傾向にあります。筆者も実はそうなのです。ご飯やパンやうどん、とても大好きです。痩せやすい体を作るのに適している食べ物でありますが、使い方を間違えると一気に太ってしまうのです。太ってしまうことは悪いことばかりではなく、前述の通り痩せ型の人より代謝が良かったり、燃費が悪いので痩せやすいのです。これだけじゃ、納得のいかない方、もちろんです。これから現在の痩せやすい体を利用してどのようにダイエットを行っていくかお教えしたいと思います。

今の痩せやすい体を利用して2週間行うこと

先ほどの説明で、太っている方は炭水化物が大好きである説明がお分かり頂けたかと思います。まず、これを控えることです。その代わり肉や魚、豆腐などでしっかりとお腹いっぱいまで食べる必要があります。

鶏肉などでお腹いっぱい食べようと思ったり、炭水化物を摂取していたときのようにカロリーを摂取しようと思うと結構難しいことがすぐにわかると思います。炭水化物を摂取していた頃より必然的にカロリーが落ちてしまうからです。

低脂質、低炭水化物、高たんぱくな生活を心がける必要がありますが、一時的に控えたら脂質などは普通に戻していっても体重は炭水化物を控えているのでしっかりと落ちていきます。2週間を目処にまずは行ってください。しかし、こんな生活を続けていると痩せやすい体は一気に太りやすい体になってしまうので、次に驚くことを行っていただきます。

炭水化物を出来る限り詰め込んでください

ここまで我慢できた方、盛大な拍手をしたいです。炭水化物を2週間控えるのは結構難しいことなのですが、これをクリアできたということはすでに痩せた体系を手に入れているようなものです。ダイエットを行っているといずれ停滞期はやってきます。

これが痩せにくい体になってしまったということで、痩せやすい体にもう一回近づけてあげます。そこで、炭水化物を出来る限り1日で好きなだけを通り越して苦しいくらい食べてください。そして、翌日からまた2週間我慢を繰り返します。これはチートデイと呼ばれており、ネットで調べてもこちらのサイトでも説明しているくらいです。

2つほど目的があると考えていますが、まずは食に対するストレスをなくすこと、もう一つは痩せやすい体を作り直す、つまり代謝を取り戻すことです。こんなことをしてしまっては太るのではないかとお考えの方もいますし、実際に2日程度は体重が増えたままですがそれ以降はダイエットを行っていたときの体重にしっかりと落ち込みます。これで痩せやすい体が構築できましたし、簡単にダイエットを続行することが出来ます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告