薬の間違いのある使い方、処方について知ってほしい

カテゴリー
知っておこう!

薬というものは使い方によっては、とても優秀なものです。しかし、一歩使い間違えると危険なことになってしまいます。そして、一般人でもある程度知っておかないと病院で処方される際にミスというものは起こります。前持った知識を得て、使い方、量など前もって確認することが私たちが出来る対処法でもあります。そもそもどうやって行えば良いのか、間違いはこれほど日常的にあることをまずは知ってほしいと思います。

知っておこう!

知っておこう!

市販薬を使うことでの間違いは実は面倒

市販薬は処方されるものに比べて実は、無制限に手に入れられることから医者にもらえるより厄介なものと言えます。例えば有名なロキソニンで、これがないと生活が難しいとおっしゃる方も居るでしょう。しかし、頼りすぎると十二指腸潰瘍など引き起こすこともあります。一見便利に見えますが、副作用として胃が荒れてしまったりなどのこともあります。

知らずに間違った知識のまま患者は投薬を続けて、気づけばそうなっていたというのは珍しくない話のようです。今回の十二指腸潰瘍はその他が原因でも起こりますが、これが原因で引き起こっているということも少なくはありません。できれば、市販薬などはどうしても使いたい場合や病院に向かう暇がないときに手に入れて飲む程度、1ヶ月に1回程度にとどめておくことが必要です。

それ以上悩むようであったりするとしっかり病院に行きなさいと書いていることもありますが、後述する病院でも気をつける必要があります。

処方ミスなどは結構あるようです

もし、あなたが病院へ向かったとします。そうすると今悩んでいる症状などを医者が聞きだして、こういう治療方針にしますねという合意の下治療は開始されます。仮に、双方の意思の決定によって成り立つもので患者の意見を聞いてくれない医者は実は法に触れています。豆知識はここまでにしておき、医者と患者が治療方針を決定して、処方される薬の説明を受けて窓口で処方箋をもらって、薬局に行って薬を貰うのが一般的なプロセスです。しかし、この間に作業しているのは医療事務員と薬剤師の2通りでチェックが行われます。

薬の料金は正しいか、処方量は正常かなど双方のチェックによって成り立っていますがこの間に作業するのは人間なのでミスは日常的にどこかで起こっています。明らかなミスであると薬局から病院に連絡が入ったりすることもありますが、これがない場合というのは間違った処方になります。患者が100mgしか飲んではいけない量を倍にして処方されていたり、禁忌と呼ばれるものがあり、この患者にはこの薬は基本的に投薬するのはいけないという定めもありますが、このあたりで処方にミスが生じることは実は日常茶飯事です。間違ってないことがもちろんほとんどですが、このようなミスが起こった場合医療事故として扱われます。

双方の提案によって改善策を導き出して、お役所に報告の流れで行われます。至急患者にも電話することがありますし、場合によっては注射してはいけないものをしてしまったということもあるようです。2週間あけないといけないのに1週間で医療事務員が予約を取ってしまったなどもあるようです。

これらの関係から、あまり病院を疑う必要もありませんが、日常的に調べる癖をつけるのは筆者も含めて一般の方は行っておくべきというところでしょうか。薬品名で調べると今は簡単に調べられるので、熟読しておくと今後は病院に向かうとき安心かもしれません。そして、間違っているようで処方を単純に倍にして、処方期間を間逃れるという裏技的なものを医者などが使うこともあるため、ここはよく聞いておく必要があります。例えば病院に頻繁に向かえないんだけどという意見に対して使うこともできるのでメリットになることもあります。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告