部屋の片付け方法は8割がキレイの基本!?

カテゴリー
キレイの基本

部屋の片づけを行おうとしている方、そもそも片付けの方法が分からない方、万年散らかっている方そろそろどうにかしたいと思ってこのページを開いているはずです。まず、片付けの方法を知っていただく前にいくつかのタイプに分類したいと思います。

まずは生まれてこのかたずっと片づけが苦手なタイプですが、そのような方はまずは誰かしらのパートナーを作って行いましょう。次に見かけるのが完璧タイプです。

この方は全てにおいて完璧にこなそうとするあまり、部屋を片付けようにも片付けられません。

次に、中途半端タイプですがこの方はしっかりやる気を出すだけ。いずれにおいても方法が分からないとできませんので、一気に紹介いたします!

キレイの基本

キレイの基本

部屋を片付けるにはまずは全部床に置け

何かしら片付けたいポイントなどがあると思いますし、全部を片付けたいと思われている方も居るでしょう。まずは、床に全て物をおくことで背水の陣をとって行うことが出来ます。

散らかっている所でさらに散らかしているように見えますが、こうなってきたら心理的には片づけがうまく行くように向いてきます。そこで、まとめたり不必要だと思ったものを捨てたりと色々思考がまとまってくるようになります。

ここで、捨てるべきかどうかと迷った方は、1年以上使ってないものは基本的に捨てて問題ないとお考えください。

筆者もこの考えを実行するまでにはかなりの苦労を要しましたし、捨てるというのは意外に苦痛なものです。

片付いた部屋で過ごしている方はまずはこれがしっかりと出来ている傾向にあるようです。

また、何も捨てることがなくとも、床の上で一旦生理整頓などを行うことで意外とこれまで入れていた収納スペースに空きが出来ます。これで調子に乗って物を増やさないことが基本です。

そして、8割程度に全てを済ませておくことで部屋の片付けが楽に感じて、次に行うときも比較的気軽に入れるようになります。

片付ける前に片付けた後の部屋をイメージする

片付けるには何かしらの意図があります。オシャレな部屋を見てからでしょうか、それとも単純に指摘されたからでしょうか。

理由は色々あると思いますが、部屋をキレイにするには片付いたところをイメージするのも重要な作業のひとつです。何のアテもなくダラダラと掃除していても先が見えないので中途半端になってしまいがちです。

そして、何より効率が落ちてしまうのでダラダラとやるよりはイメージがわいていると次々と部屋の物の配置が分かってくるものです。1日かかってしまおうと筆者はこの作業を行っております。

片付けた後はゴミ箱を増やそう

部屋に何かしらのゴミが落ちている場合はすぐにゴミ箱を増やすようにしましょう。

ちょっとしたものが落ちているだけでも部屋が散らかったりする原因となります。後から片付けようなんて思っていて溜まった経験が多い方も居ると思いますが、そこはゴミ箱がすぐ手に届く位置になかったことが原因です。

大きいゴミ箱はちょっと置けないなと思っている方は、小さいゴミ箱など100均に行くことでたくさんあります。お気に入りのデザインのものがない場合はおしゃれな植木鉢が置いてあるのでそれに袋をかぶせるだけでも立派なゴミ箱として役立ちますし何よりコンパクトです。そのような目線で見ていくと100均は意外と生理整頓に役立つグッズばかりです。

ゴミ箱を目の前にしてそこに捨てない方は恐らく居ないでしょう。筆者はこの方法で部屋をきれいに保っています。そんなこんなで、これらの方法を試すことで今までよりはうまくいきます!


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告