糖質制限についての真実、ダイエットだけではない

カテゴリー
すでに体感してる方も多い

糖質制限を行ったダイエットというのは既に有名であり、良くも悪くもニュースになっていますね。しかし、その先にあることについてほとんどの方が知っていないです。また、ずっと続けないといけないのかという疑問もあったり、糖質自体はそもそも体にとって害があるのかということまで知りたい方も多いと思います。これらをすべてオールインワンにした糖質制限についての真実を今回語ってみようと思います。

すでに体感してる方も多い

すでに体感してる方も多い

糖質制限についての真実をお伝えします

糖質制限を行うことによって、得られるメリットというのは世の中の方が既に体感しているダイエット効果です。これは誰でも手軽に出来るものであり、糖質になりえるものを生活から徹底的に排除するというものです。例えば、ジュースやお菓子、米、パン、パスタ、ジャガイモ、にんじん、カボチャなど最終的に糖質になるものです。これらは体に水分を蓄える働きがあります。その結果、いつもより多く糖質を取ったりすると人間の体というのは簡単にむくみが生じしてしまうわけです。さらに、その幅が広がると栄養素を物理的に蓄えることが出来るのでさらに太りやすくなるといった悪循環が起こってしまいます。総合して、これらが太りやすくなるといわれている大きな要因です。しかし、これをずっと続けるとなるとうんざりする方も多いでしょう。誰だって糖質制限は永遠に続けたくはないはず。筆者でも、糖質制限を続けていますが甘いものは食べたいですし、実際に食べることはあります。基本的には、連日等質になりえるものは控えて、制限食で過ごす必要があります。そんな中、活用されている方が多いのがチートデイというものです。週1回または、2週間に1回糖質をガッツリ取ることで、体内の栄養をしっかりと補充します。これらの目的としては、食に対するストレスを解消したり代謝を正常に戻す役割を持ちます。糖質制限をしていたって、途中で食べてもしっかりと痩せていきます。チートデイなるものを毎週導入しても体重の減り幅こそ落ちるものの、しっかりと減るのも現状です。食べてはいけないというものではなく、しっかりと制限をしてオンオフを切り替える必要があります。目的を達成したりすると、日常的な食事に戻しても問題ありません。

糖質制限はダイエット以外に実はメリットがある

これらの制限食を徹底した上で、ダイエットを行うことでそれ以外にも得られるメリットはあります。一番体感いただけることで説明しますと、まずは昼食後に眠くなることはありません。最初だけ毎日のように眠いかもしれませんが、一定期間を過ぎると昼ごはんを食べたのに眠くなるという現象がいっきになくなります。これはどういうことかというと、ご飯やパンを食べるとおいしいだけではなく、満腹感も得られます。多幸感も時にはあるでしょう。糖質が体中に満ち足りますが、時間の経過と共にそれは減少します。結果的に、プチ低血糖みたいな現象が起こって眠くなります。それだけではありません、実はマイナス思考の方はこれらを解決させる力もあります。人間というものは何で出来ているかというともちろん、たんぱく質です。糖質制限を行っているとたんぱく質中心の生活になるかと思いますが、マイナス思考が少し治る方も多いようです。もちろん、頭もたんぱく質で出来ております。再生するには毎日糖質を中心とした生活をしていても根本的な解決にはなりません。糖質は一時的に人間を幸せにしますが、その後は思考がマイナスになります。たんぱく質は人間を一時的ではなく長期的なスパンでみると前向きな思考にすべく取り戻します。ただ、このような生活も疲れるので前述のようにチートデイも取り入れてみてください。糖質制限を行う方の参考になれば良いと思います。