腎臓の機能を改善する方法、食事を紹介!

カテゴリー
大事にしよう

普段健康を意識したりする方で、食事をする時でも腎臓にこれは良くないからといって食事を考えたり、腎臓のそもそもの機能を把握していない方は意外に多いです。この腎臓の機能ですが、体の水分で必要なものを厳選してその他の不必要な成分を体外に排出したり、体を正常に保つ役割を持っています。しかし、腎臓に何かあっても多くの方は症状に気づかないことが多いです。何となく元気がない場合や、活動力の低下、動悸がすることや女性にとって大敵のむくみなど機能が低下すると様々なことを引き起こします。今回は、それらを解決する方法や食事で改善する方法をお教えしたいと思います。

大事にしよう

大事にしよう

腎臓の機能を改善する食事は摂生すること

基本的に、腎臓の機能がちょっと低下している方ならばきつい食事制限は必要ありません。良質なたんぱく質を摂れとの教えが基本ですが、そもそも何をもって良質とするかです。答えは、自然に近いものを選びます。加工の過程で何かしらの添加物や、調味料が使われますがこれが腎臓の機能を低下させる原因になります。しかし、自然由来のもので加工されていないものだと人間の体に悪いものはほとんどありません。肉や魚を食べるのがベストです。では、良質ではないたんぱく質で腎臓の機能が改善するどころか、低下してしまう食品はどのようなものでしょうか。答えは簡単です。一見健康と思われがちなフィッシュソーセージなどはあまりよくありません。なぜならば、前述のように加工を既に行っているからです。さらに塩分などもしっかりと添加されておりあまり体に良いものとは言い辛いです。なるべく加工されていない刺身や、鳥の胸肉、牛肉などをしっかりと食べておくのが基本的なことです。しかし、それだけではお腹一杯になりませんし、その他の悪いもので補ってしまって腎臓は回復しません。これらを前提に食事を考えるならば、野菜をしっかりと使うことで体内も健康的になり、腎臓の機能も改善されます。野菜は加工して食べる方も少ないですし、自然に近いままで食べる方が多いと思います。サラダや鍋などにしたり、そこに肉を加えることによってお腹一杯無理なく、肝臓に優しい食事が出来ます。日本人はたんぱく質不足で、お米ばかり食べる習慣がありますが、肝臓の機能改善を目的とするならばしばらくはたんぱく質でお腹一杯になるように心がけましょう。これで太ってしまって別のところが悪くなるのではとお考えの方も居ますよね。しかし、ご安心ください。糖質制限に近い食事になり、むしろ体も健康的に向かいます。これらの食事制限が悪いという風潮もありますが、一時的なものであるとあまり気にする必要はありません。また、食塩などの摂取はあまりすすめられたものではありませんが、どうしてもとお考えの方は汗をかくようなことをすると大丈夫です。例えば、温泉にゆっくり入ったりすることを日課にしたり、運動をしたりとあらゆる方法で汗を流してやります。比例して体に塩分は必要になるので、そこを今回はうまく使ってやる考えです。これで、筆者は悪かった腎臓がしっかり戻ってきております。

腎機能改善は生活にもアプローチ

腎臓の機能が低下していると、体の疲れがはっきりとしてくるようになりますが、このような場合はしっかりと体を休めることが必要です。適度な休養も腎臓に必要でストレスが生じると機能が低下してしまいます。体の反応にある程度は正直になって、休みましょう。そして、ある程度の回復が見込めだしたら注意されている段階では運動を行いましょう。明らかに運動制限をされている方は、やめてください。基本的に不摂生な生活は良くないとお分かり頂けたかと思います。これで、まずは腎臓の機能をしっかりと改善してみてください。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告