運とは何かを知って良くする方法を考える

カテゴリー
運とはなにか

運について考えていたら、そもそものレベルで運とは何なんだろうとお考えの方は居ないでしょうか。筆者もそう思うことはあったので調べてみると、自分ではどうにもならないこと、例えば病気などを指します。そして、それらを予言したりするためにおみくじなどがあるわけです。戒めのようなもので、実際にこうやって自分の運を調べることで習慣を見直したりすることができます。最初から運任せにはせず、やれることをやってから運に頼れとの裏側の言葉がひしひしと伝わってくるような感じがします。

運とはなにか

運とはなにか

運とは何かを考えた上で運を良くする

実際にありがちなことですが、例えばおみくじや、占いなどで何らかの指摘があったとします。大体の方はそれらの習慣を振り返ったり、自分の立ち振る舞いを考えます。ここまでは、問題ありません。運を良くする方法としては合理的です。しかし、それらを行っても結局は運頼りであったりということは実際にあるのでこのあたりで初めて運とは何かを考えた方が運勢が上がる方法とも言えます。

前述の病気を例として考えましょう。数日後に楽しみにしている旅行があるけど、病気になってしまったとします。これは明らかに運が悪いとも言えますが、自分のこれまでの立ち振る舞いを考える必要があります。その間に手洗いやうがいなどを徹底していたか、体調を万全にする努力を怠っていなかったかなどを振り返ってみてこれでもダメなら運が悪かったと言えます。良くするには、先ほどのものを徹底するだけでも運が良くなることはあります。病気そのものに備えなくとも、手洗いやうがいを徹底することでメンタル的にも引き締まることがあります。その後の生活や旅行のパフォーマンスもしっかりと上がり、結果的に楽しめるというわけです。

それだけではありません、皆さんが仕事などを絡めた金運としてちょっと書いてみます。普段仕事ではしっかりとこなしており、給料もしっかりともらえています。しかしながら、自分も時間の経過と共に技術もステップアップしていくものです。そうなると、給料が上がらない現実に不満を感じるかと思います。それは当たり前の考えです。しかしながら、これまでに自分がどのようなことを行ってきたかを考える必要があります。ステップアップはして仕事には慣れて順調そのものは良いものの、自分がそれ以上に頑張る努力はしてきたか、今まで以上の頑張りや貢献をしているかというところです。それらが会社にとってしっかりとしているならば、もちろん金運は同様に上がりますが、これまでどおりの立ち振る舞いだと金運はそのままか、もしかすると低迷してしまうかもしれません。ルーチンワークは工場が得意とするものですので、会社にもやはり成長が必要です。

それにあわせられているかを考えて、まずは行動する必要があります。そして、それでもダメだとすれば金運が悪く次を目指す必要がありますし、その頃には絶大なる自信もついているかと思われます。金運は低下するどころか、良くなったまま次につなげることが可能です。驚くほどの評価をする人も必ず居ます。

運を良くするには運にまずは頼らない

自分の生活習慣を改めるとの考えでおみくじや助言などを貰うのは悪くありません。それらをまずは徹底することが自分の成長や生活を豊かにする近道になり、運が良くなります。そのままにしておくと、そのままの結果が訪れます。自分が出来るとはまず何かを考えて、行動してみましょう。これらを考えることで結果的に金運などのピンポイントに限らずとも運気は上昇します。そこに同時に運もついてくることは確かなので、そこでまたアドバイスを貰うのも1つの手です。何かステップアップさせて、運に頼る考えが実は運がよくなる近道であったりします。いかがでしたでしょうか、何かしら自分に当てはまることや見直す機会になったかと思われます。今後の運を良くして、過ごすにはまずは自己改善あるのみといったところです。