地震で電話が繋がらない時、最新技術を活用せよ

カテゴリー
使い方次第で生存率UP

地震で電話が繋がらないと困っている方は多いようですね。いざというときのために知っておきたいことばかりを今回書いていきます。何だか今回のキーワードで調べても結局解決しないじゃないかと思う記事ばかりです。そんなこんなで、地震で電話が繋がらないといったことはよく起こります。何故かというと電話会社が停電になったり、膨大な情報量をさばききれずにショートしてしまうからです。忙しいときのスーパーのレジを想像してください。会計はもちろん遅くなりますよね。で、今回は活用して頂きたい手段をいくつか書いてみようと思います。

使い方次第で生存率UP

使い方次第で生存率UP

地震で電話が繋がらない場合は色々なツールを活用

ご自身がまず利用している電話以外のツールは何でしょうか。LINEなどが主なものですよね。電話の回線が混雑していてもこのような連絡ツールは使える可能性が残されていますので安否確認には充分です。さらに年配の方となればFacebookを活用するのも一つの手段です。メッセンジャー機能の中にはLINEと同様の電話機能があってとても便利です。それだけではありません、Skypeを利用するのは通信手段として賢い選択で、回線状況に依存しないこともあります。自分の使っている回線が何らかの理由で混雑していない限りは使うことが可能なので頭に入れておいても問題ありません。さて、電話を使えるのが一番なのですが、今回のタイトルの通り電話というものはこの場合繋がりにくいもので、理由は先ほど述べたとおりです。しかし、これらのアプリを使うときは同じアプリを入れていないと連絡が出来ないところが欠点です。もし、これらのツールを今後活用してみようと思われているならばまずはいざというときのために家族なり、会社の人なりでグループを入れておきましょう。災害時目的ならば誰も嫌だとは思わないですし、それだけのためのツールとして持っておくのは悪くない手段です。電話という回線だけに依存しないのが大切です。

今後注目される災害時の連絡手段

災害伝言板なるものは周知されていますが、あまり使っていないことが多いのも現状。例えば、iphoneなどが使える状況下だと、友達を探す機能を使うことも出来ます。GPS機能などを利用して相手を探すことが出来るので、この方法は是非ご家族で試しておくといいかもしれません。有事の時はこれ以外のツールを保持していても何が起こるかわからない事態の中相手を発見するというのも難しい場合があります。電話が繋がっても、次に行う行動は場所によって様々だからです。移動を仮に行ったとしても、安全に発見できるツールがまさにこれというわけです。もしもの時に使う練習やはち合う練習をしても良いでしょう。特にお子さんの場合は、スーパーの中などで使っていてしっかりと発見できるか、ちょっと離れた場所にいてもしっかりと発見することが出来るかなど日ごろ練習する機会はたくさんあります。また、相手が移動したとしてもこれまた安心なのです。そのような場合は設定することでしっかりと移動を行いましたとの連絡がくるようになります。ご家族が仮に災害に遭われたとしてもこれらの関係からか、連絡手段としてもかなり強い見方に成りえます。今回得た情報は、「へぇそうなんだ」と頭に入れておくより、実際に練習した方が良いです。もしものときに、これはどうやって使うのだろうとネットを開いている間にも事態は変わるかもしれないですし、もちろん相手がわからなければなんのこっちゃです。是非、これらを電話が繋がらないときには活用してください。