【確実】朝の疲れを取る方法をまとめてみた!

カテゴリー
解消しちゃいましょ!

朝起きてみると何だか疲れが取れない、そんな経験がある方も多いはずです。ネットで調べてもそれらしいことを書いていますが、起きた瞬間スッキリというわけにはどれもこれもいかないことばかりですよね。そんな方にオススメしたい、いくつかの方法や筆者が実際に疲れを取った方法を今回まとめてみました。健康な方ならば、確実と言っていいほど解決するかと思われます。

解消しちゃいましょ!

解消しちゃいましょ!

朝の疲れを取った!オススメの方法!

実際に朝の疲れが取れない原因はいくつかあります。ストレスでしょうか、身体が発している休息が必要なサインでしょうか、肝臓の疲れでしょうか。答えはどれも正解です。まずは、自分の体が発しているサインに気づく必要があります。朝の疲れを取るにはまずはここからです。そうすると、おのずと対処法は見えてきますよね。これだけでは、対処もしづらいとおっしゃる方も多いはずなので1つ1つ説明していきたいと思います。

まずは、肝臓の疲れからくる朝のだるさです。前日飲みすぎたなといった場合や、そのような習慣が無くともメタボリックで起こる肝臓の悪さが朝の疲れにつながっています。飲みすぎた場合は、そう感じたときにすぐにグレープフルーツジュースを飲む必要があります。ジュースの中に入っている成分が、肝臓に悪いものとしっかりと代謝してくれることによって清清しい朝を迎えることができます。メタボリックでなっている方も少なくはありません、実はダイエットを始めた瞬間朝の目覚めが抜群に良くなったということもあります。そんなタイミングや理由で始めたくないとおっしゃる方はまずは摂生した食事からスタートしてみましょう。

次に見られるのがストレスです。非常にお疲れ様ですと声をかけたくなる理由です。身の回りで起こっていること、仕事での出来事、家族関係など改めて見直す期間を設けましょう。ストレスが引き金になって、朝が辛くてたまらない方はまずは誰かに相談してみるなど緊急的な対処が求められます。余談ですが、筆者はこれが極限まで達して、本格的な不眠を引き起こすことになってしまいました。

身体が発しているサインということもありますが、これは明らかな休息不足で体の回復が追いついていない証拠です。その日はしっかりと食事を摂ってみることをおすすめします。また、バランスの悪い食事になっていることも原因として挙げられるので可能な限り体に必要な炭水化物やたんぱく質などをたくさん食べましょう。意外と当たり前のことですが、これが疲れを取る最速の方法になることもあります。

それでも、朝の疲れが取れない場合

それでも朝の疲れが・・・

それでも朝の疲れが・・・

あれもこれも試した上で疲れが取れないので悩んでいるという意見もごとっともです。まずは、睡眠のリズムを意識してみる必要があります。人間は90分ごとに睡眠のリズムが交換されているので90分のサイクルで起きてみることを心がけましょう。3時間、6時間、9時間などの睡眠リズムがまさにそれにあたります。朝の疲れがしっかり取れた感じる場合はこのサイクルで起きている場合がとても多いのです。それを強制的に行ってやろうという魂胆です。また、起き抜けに血圧の関係で辛いとおっしゃる方も多いです。それに気づいていない方も多く、何だか朝の疲れが取れていないと感じる方も多いのです。それではどうすべきかというと、軽く体を動かした後に和食をしっかりと食べることです。何故和食なのかは、やはり日本人だからというシンプルな回答です。いつまでも元気な老人で、朝早くから疲れ知らずで活動している老人の方はそのような食生活が多いのもこれまた事実です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告