不眠で薬が効かない時の対処法

カテゴリー
できることから

不眠で何かしら病院で処方されたお薬を飲んでいる方も多いと思います。そして、効かないということに絶望すら覚えている方も多いはず。今回はいくつかの方法をお教えしますが、納得の行かない部分もあるかと思います。しかし、筆者も1つ1つ試した上での結果なので実行できそうなことから行ってみてください。不眠は簡単には治すことが出来ず、年単位の戦いです。

できることから

できることから

不眠の薬が効かない時はあえてやめてみる

何かしら不眠に関する薬というものは飲んでいると思います。短期型や中・長期型やそれぞれの組み合わせで飲んでいる方も日本では少なくはありません。なるべく単剤で済ますことが不眠や精神疾患の治療の最新の方針ですが日本においてはこちらの治療はまだまだといった具合です。そして、薬が増えてくると何がダメなのかというと恐らく肝臓への影響や依存性などをお考えの方も少なくはありません。これらの意見は決して間違っていないのですが、そんなことよりもまずは効かない原因を作ってしまうことになります。不眠に関する薬は、副作用こそ書かれていないものの研究文書をなどを読み漁っていると軽く躁状態になることが確認されています。抗うつ剤などの薬もその例外ではありません。こちらについてはしっかりと躁うつ病には注意することとは書いてあったり、使わないでくれと書いてあります。それが不眠の薬となれば、注意すらされていない状況で知らない患者の方はガンガンと量を増やして飲むはめになってしまいます。何年も経ったころに依存していることに気づいて後の祭りです。こんなことからも、一旦不眠に関する薬をやめてみるというのも重要です。何かしらのお薬の耐性はしっかりと出来ているはずで、薬理が似ている部分もあります。それらがかぶると相乗効果は狙えますが、その分依存性や耐性も増します。結果的に不眠の薬が効かないということは充分にありえます。あまり納得のいかない方も多いと思いますが、医者と相談の上で薬の量を一時的に減らしてもよいかもしれません。その際に起こるのは離脱症状と呼ばれており、たった1種類減らすだけでもかなりの苦労を要する患者もとても多いです。最終的にまずは1種類減らすという形で徐々に減らして最終的にはその薬を一旦断ってみるという方法、その後再開すると耐性はついていないはずなので、効くこともあるという判断です。種類が減ることは悪いことに思えますが、たまに快方に向かうこともあるのもこれまた事実です。そうかといって、薬を全部断てというような頭ごなしなことも言いたくはありません。

上記が納得いかない場合、食事面でアプローチをかける

不眠の方や、精神疾患の方は多くの場合、食事に関する生活がおろそかになっているのも事実です。正しい栄養の知識も勉強するという意味で読んでみて下さい。これまでの当たり前の理論を述べるつもりはありません。まずは、高たんぱくな生活を特別な事情がない限りは心がけ、炭水化物を減らします。炭水化物に関する食事は安くておいしいものが例外なくあり、健康に良いたんぱく質の食品は高いという悲しい傾向にあります。何かしらの陰謀すら感じそうですが、一時的な治療だと割り切って高たんぱくな生活を心がけてください。脳の再生にはアミノ酸が必要です。アミノ酸はたんぱく質がさらに分解されてできるもので、食生活からも改善できます。私たちの体は3ヶ月前の食事の体の結果だと言われているくらいなので、3ヶ月を目処に炭水化物を控えた生活を送ってみると少しは不眠の薬が効かないことへの対処になるかもしれません。もしかすると、これだけで眠れるとそれはそれで良いことではないでしょうか。いつでもお薬は飲むことは出来る上、手軽なので食生活を見直してみるのも1つの手です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告