NHKの解約をする方法と実際に行ったこと

カテゴリー
nhkの闇へようこそ

先日筆者の親戚が、NHKと契約をしたと相談してきました。すでにこの時点で支払いの契約はしてしまっているために、ここから挽回するのは一苦労でした。契約してしまった方へ、解約方法はどのような手順を踏めば良いのかなど一通りお教えしたいと思います。このサイトはもちろんのこと、他のサイトも参考にしながら自分が出来そうだと思う方法で確実に進めていく必要があります。そして、悪いことを行っているわけではないので堂々として下さい。見る必要がなければ解約するというのは当たり前の話で当然のことです。

nhkの闇へようこそ

nhkの闇へようこそ

こんなことから契約させられた

筆者の親戚はいつものように、NHKの職員が必死に契約させようと家を頻繁に訪れていたようです。そのたびにあの手この手で接触を避けていたそうですが、どうやら今回は特別なんたら員のようなものを名乗って強制的に契約をさせようという魂胆でした。親戚はそれに怖気づいてしまい、職員は今回ばかりは契約するまで帰らないと脅すような口調で契約させたそうです。後に監視カメラを見て分かったことですが、自宅の状況をあれこれと前もってリサーチしたり郵便物を勝手に見たりと普通に考えて違法行為を行っています。法の下で行っているということや、追い詰められると私は業務委託なのでと逃れようとしていましたが。

そんなこんなで解約してみた

実際に解約する方法は意外と簡単です。向こうの言いなりになりながらそれなりの解約手続きをするも良いですし、他のサイトのように着々と法律を勉強しながら手続きを行うのも良し、今回は言いなりになる作戦で行きました。どうやらNHKが言うには受信機の撤廃をしたことや確認が出来ること、譲渡するならば譲渡先を教えた上で部屋から該当受信機が無くなったら教えてくれとのことでした。仮にも契約中の相手にそんなことを言うのでどれだけ放漫な企業であるかすでにこの時点でお分かりいただけると思います。親戚が今後不安ということもあり、あえて今回は筆者に譲渡したという方法で行きました。実際に今も部屋にNHK様のおっしゃる受信機はありますが、受信できる環境下ではありません。そんなこんなで、譲渡して受信機はすでに部屋に無いということを伝えます。ちなみに「0120-151515」に電話をかけます。するとダルそうな女性が、電話に出てきてなぜ解約するのかと必死に根掘り葉掘り聞いてきますが、上記の通り譲渡したという手段にしました。他に車についているワンセグや受信機が無いかと聞かれますが、適当に無いと答えておきましょう。そうすると、こちらでは解約手続きは出来ないと嘘を言っていたので、しばらくNHKの嘘ごっこに付き合う必要性が出てきました。県内の支部に電話をする必要があるということで電話するとこれまたこちらで解約することが出来ないと言うので、地方の担当員に電話をしてくれとのことで実際はたらいまわしです。このあたりで諦める方も多いので要注意です。30分くらいそれぞれ折り返しの電話に時間がかかるようですが、ここもNHK計算のうちです。そして、やっとこさ電話がかかってきて解約手続きが出来るかと思うと「こちらではできないですから(半笑い)」と嘲笑するような感じで話しかけてきます。ここはぐっと大人の対応をしましょう。別の方法で追い詰める手段はあるので、好き勝手に最初は言わせておくと次第に相手も諦めます。淡々とした対応が良いので、間違っても怒鳴ったりしてはいけません。相手は慣れているので、多少の心無い言葉を浴びせようが何でもありません。そんなこんなで先ほど紹介した電話番号にかけるように言われて、結局振り出しに戻りました。一連の流れを説明するとやっと観念したのか、情報が根回しされたのか解約手続きはすんなりと進みます。口頭で解約できたと思えば大間違いなので次のことも考慮してください。

その後の解約での要注意

所詮口頭でのやりとりであり、紙の上でかわされた契約に勝るものはありません。解約の手続きに関する書類が届くので、一貫性があるようにしっかりと書きます。今回のように譲渡を選択するならば、譲渡先の連絡先や氏名を聞かれるので素直に書きましょう。そして、譲渡という手段を選ぶならばそれなりに頭の回る相手にして下さい。そんなこんなで、解約手続きの書類を郵送して完了です。その手続きが済んでも場合によってはNHKから解約の手続きを完了したようなお知らせをくれるような親切なことはしてくれないので注意が必要です。そのために前もって、支払い方法を変更しておくか、銀行口座で登録している方は引き落としをストップするよう銀行に伝えましょう。ダメだと言われれば、自分のお金なので今すぐ全部おろして銀行ごと解約するという手段までに出てやると銀行側も受け入れるしかありません。一部の銀行はNHKの主要取引先なので、最初は強気に出てくるようです。しかし、自分のお金なのでしっかりと守って下さい。お金の引き落としなどがされていないことを確認できれば勝利です。