チートデイに失敗したのはダイエットのやり方が甘い

カテゴリー
失敗しない方法を知ろう

チートデイに失敗したとお悩みの方は少なくはないようです。ダイエットをせっかくしているのに失敗となると落胆してしまうのは当然ですが、それはやり方が甘いからです。ちょっと思考を変えてみましょう。ここ数日食べていたはずなのに体重が増加どころか減っていたという体験があるのはダイエットを行っている方でチートデイは意識しなくとも一度は経験があったかと思います。そう、そのあたりに実はヒントが隠されているのです。そんな体験は一度も無いという方に向けても分かりやすく説明しているのでぜひ参考になさってください。

失敗しない方法を知ろう

失敗しない方法を知ろう

チートデイは失敗してナンボ

チートデイの失敗談をまず筆者の経験から語ってみます。チートデイを行うに当たって、色々な栄養素を知らずのうちに避けていました。糖質、たんぱく質、脂質、どれも重要です。重要でなければ人間の体から排除されてしまいます。つまり毒です。実際に筆者がチートデイに失敗した食事例ですが、まずは1日の食事の回数は3回であり、プロテイン2回と、通常の食事が1回です。

本当はチートデイを行うにはあまり適していない食事回数かと思っていましたが、別に関係はなかったようです。いざ、導入をしましてしょっぱなから失敗したメニューは昼にアイス、夜に焼肉とアイス。とにかくアイスが食べたかったのと、糖質を意識しました。増えもしなかった体重ですが、減りもしなかったです。具体的なチートデイのメニューをさらに紹介しますと、昼に食べたのはアイス1個、これまでに昼ごはんを食べる機会すらなく、1回でもこのようなメニューをつけることで成功すると考えました。夜は焼肉ですが、もちろん食べ放題です。カルビやタン塩、からあげや、白米、チーズの揚げ物などこれでもかというくらい食べました。そして、デザートにはダブルアイスと、ソフトクリームを3つほどオーダーしました。

チートデイやりたくなりますよ

チートデイやりたくなりますよ

普通に考えると太ってしまう計算ですが、増えもしないし減りもしなかったです。一時的な体重増加はもちろんありました。さて、このことからチートデイに失敗したと考えることが出来ました。下手すると、増えたまま戻らないという方も居ることでしょう。これまでにチートデイに筆者は2回ほど失敗しており、増えたまま戻らないという体験を出来ましたが悪い体験だとは思っておりません。あえて失敗した回数を含めるとこれらにプラス1回です。これらを見て、すでにチートデイを行っている方で成功している方は恐らくやり方が甘すぎると思われるかと思います。

実際にそうで、今の筆者ですらそう思います、そこで普段の栄養素を中心に見直してみました。筆者は、筋トレを行っているということもあり、たんぱく質中心の生活で糖質は必要以上の摂取は避けることにしています。一時は過剰に避けていた時期もありましたが、後によろしくないと知りました。後はなるべく脂質を避けてという感じで毎日の生活は行っており、特にカロリー計算はしていません。とらわれ過ぎても逆にストレスになってしまうので、ボディービルダーになる方以外はそこまで意識しなくとも大丈夫です。大よその摂取カロリーはもちろん把握していました。

チートデイに失敗は無い、誰でも成功する

経験からするとアイスでもなんでも食べておく

経験からするとアイスでもなんでも食べておく

さて、チートデイ失敗には大きな理由がありました。それはやり方が甘かったということです。炭水化物をこれでもかというくらい意識して摂るのがチートデイの基本です。もちろんその間に好きなものを食べても良いのですが、基本炭水化物を意識して摂りまくってください。

これまでの制限をまるで無視してしまうかのように、もう失敗前提で開き直って食べることが必要です。トレーニング界隈で食トレ(食事トレーニング)と言われているのも納得できるくらい摂取します。そして、普段よりプラス1食を意識します。後は、他のサイトで説明されているような細かい考えなど必要ありません。ポイントは炭水化物の摂取を意識すること、ただそれだけです。もちろん、好きなものを食べても良いです。ケーキでもカステラでもなんでも食べて下さい。アイスクリームもガンガン食べてしまいましょう。そして、最終的な炭水化物の総摂取量が全体の割合より多くなれば食事に関してはパーフェクトなレベルです。普段の食事を我慢して制限してきた見返りです。しっかりと食べてあげて下さい。ダイエットをしていたことすらその日だけは忘れてあげましょう。そうすることでチートデイの失敗なんて今までは嘘だったかのように成功します。

実はこれ、割とでかいキーポイントだと思います。なぜだか知らないけど成功している、とりあえず成功しているという方は食事バランス的にそれがしっかりと出来ているだけの話です。ダイエットを行っている方などは特にチートデイと言えどあらゆる栄養素などを気にしますが、その時は炭水化物の総摂取量以外は気にせず食べて下さい。全体の割合より炭水化物の摂取量が上回っていればチートデイ成功も確定なので、ただそれだけです。

チートデイには様々な見解がありますが、筆者は少なくともこれで成功しており、やり方が甘いとやはり増えたままか体重はそのままです。持論が正しいかとあえて失敗させてやったこともありますが、やはり持論は正しかったのです。ダイエットを行っている方は特にこのあたりを意識して下さい。