生稲晃子が乳がんに、ステージなどは?

カテゴリー
生稲晃子さん

女性にとって怖い病気である1つが乳がんです。遡ること5年前から発症していたようです。5度以上の手術をすでに体験しており、病気自体は感知していないようです。抗がん剤は使用していないようで、ホルモン剤による治療の選択をしました。結果的に、片一方の胸部を切除しなければならない様子でしたが、再生手術により自分の肉体ではないものの見た目は普通になったとのことでした。これを読んでいるあなたが女性ならば、他人事の問題でもありません。12人に1人という決して珍しいものではないので、治療などのプロセスも頭に入れておきましょう。

生稲晃子さん

生稲晃子さん

生稲晃子の乳がんのステージや症状などの状況は?

先日報道された、北斗晶さんと同じステージで恐らくステージは2bから3aあたりだと予測されているようです。生存率は最大で7割程度とされており、状態としては5cm程度のしこりが分かる状態で確認できます。生稲晃子さんにいたっては、発見したのが比較的初期の段階であるのでそれなりの症状はありながらも、癌を患う患者の方にしては元気に生きています。生存率から考えてもテレビ出演ができるほどの余裕があるので、そこまで症状も進行していなさそうです。見つかった日は、皮肉にも43歳を迎える誕生日ですが不幸中の幸いです。当時の担当した医師はこれだけ早めに見つかるのはかなり運が良いとのコメントです。残念ながら、片一方の胸部は前述のように切除することになりましたが手術により見た目は普通の方と変わりありません。見られる機会があったとしても分からないレベルまでにはなっているようです。何故このようなタイミングで、乳がんについての報道があるかというと、実は近年爆発的に乳がんの患者が増加しているので本当に人事ではありません。定期健診を受けるのは当たり前になっている時代です。さらに30代~40代の発症データを見てみると他の患者のデータと比べても爆発的に増加しております。丁度ガン検診の無料診察などの紹介状が届くのも、その関係があってのことです。話が若干ズレますが、生稲晃子さんがあまり騒がずに治療をしているとネット上では好評の様子です。さらに、現在乳がんに怯えている方や、発症している方には勇気を与えられるような存在になりたいと公言しているので、かなりやさしく頑張りやさんな性格です。ガン自体は発症してしまったものの、乳がんが少しでも良くなるといいですね。

乳がんになったときやステージなどを改めて学習してみよう

先日上げたデータですが、本当に初期段階だと転移が見られない状態で様々な可能性が残されています。乳がんに限ったことではありませんが、癌は転移が怖い病気です。さらに胸部はリンパにも近いのでそのあたりまで進行すると、一気に全身に広がる可能性が極めて高くなります。初期段階で見つけることが重要といわれているのもこの為です。ステージ1までくると転移もしくは、転移の可能性が認められますがこれでも感知できるほどの量の選択肢があります。しっかりと癌そのものを取り除くことで完治に近い状態まではもっていくことができます。しかしながら、ステージ2あたりになると様子は少しきつくなってきます。生稲晃子さんの場合は闘病の結果、ステージ2あたりまで進行したものですがそれでもしっかりと活動できるように食い止められております。それ以降のステージになってしまうと、何かしらの投薬治療になったり放射線などを使う治療は避けにくくなってきます。個人の判断で治療の選択は可能ですが、これが一般的な治療法になります。例外として、保険が利かない治療法もあり、その分効果も高い場合もあるようです。

様々な癌治療の可能性

今は抗がん剤を使ったりの治療が主流となってきておりますが、残念な事実があります。抗がん剤で癌そのものは治りません。このことから抗がん剤を使った治療を避ける方が多いのも事実です。だからこそ、早期発見が必要だと叫ばれています。下手に治療を開始しても髪の毛が抜けたり、吐き気などといった副作用に苦しむ割には返ってくる結果が残念なこともあります。抗がん剤を否定しているわけではありませんが、治療できる可能性としては限りなく低いでしょう。癌をメインとして治療している医者のほとんどが抗がん剤を使いたくないと口を揃えて言っているのも事実。しかし、それが主流なのです。それはそれだと人生を割り切れる方も居ますが、もし本気で治療するとなれば保険適応外の治療方法も探さなければいけないのが現状です。