ホワイトデーのお返しは義理も必要!安いものは?

カテゴリー
良い選び方あります

バレンタインも終わり、男性の方はホワイトデーのお返しを考える時期。しかし、義理でもお返しは必要なのかという疑問すらありますよね。結論から言うとホワイトデーは義理であってもお返しは必要です。単純に求めない人も居ますが、多くの女性は何かがあると期待してホワイトデーを迎えます。嫌な話、お返しを求めるがためにバレンタインを渡す人が中には居るのも事実。そんなこんなの欲望が巻き起こっているホワイトデーですが、さくっと手軽に済ませたい方に向けて安いホワイトデーのお返しを紹介したいと思います。

良い選び方あります

良い選び方あります

ホワイトデーのお返しで安いものって何がある?

さて、義理とは言えどなんだか使うのも勿体無いと考える方、しかしそれでも一風変わったホワイトデーにしたいという考えに向けてまず狙うのは地元のスイーツ屋さんです。女性の方は、地元のスイーツ事情に詳しい方が多いのでなるべく遠い小規模のお店を選ぶと「おおっ!?」と思われます。ホワイトデーにしか売らないようなものを毎年地元のスイーツ屋はこしらえますのでその点も安心です。もし、分からなければプロが働いているのですから、そこで何を貰うとうれしいかなどや、もし、ホワイトデーのお返しにするならばどれがいいかと店員さんに聞くという手もあります。義理の場合ももちろん考えているので、割と安いラインナップのものが多いです。300円~1,500円程度のものが小規模のスイーツ屋さんでは多く、チョコやクッキーやらいっぱいあります。筆者は男ですが、甘い物好きというのもあって地元の1個100円くらいのミニチーズケーキなどを1人に対して4つ分くらいを配っています。評判は上々で、むしろリピートしたくてどこに買いに行っているのかと聞かれるくらいです。そんな中、女性へ対するホワイトデーのお返しで安くて落胆したという声があるようですが、恐らく適当な選び方をしてしまったのが予想できます。コンビニで売っているようなものでいいだろうと考えたり、気軽に行けるようなところで買い揃えたので良いだろうと考えていると先ほど述べたようにスイーツ事情に詳しい女性の方はあまり良い思いをしないです。男性よりスイーツを見る機会が多いので、その分目は肥えています。地元のコンビニやスーパーなどは男性が思う数十倍以上に見ていることが多いのです。このことから、ちょっと行動範囲には無さそうなポイントでおしゃれなものやおいしいものを買うと、女性は結構な確立で喜びます。安くても、適当に選んだ感じを演出するのは義理のお返しであってもならないことなので、しっかりと考えましょう。そのためには、これまでに書いたようなことを行えば、問題ありません。

ホワイトデーのお返しで安いってそもそもいくらよ?

ホワイトデーのお返しで安いというそもそもの金額が男性には分からないはずです。筆者もそうでした。基本的に上司に貰ったとすれば、頂いた金額を上回らないようにすることがポイントです。半額以下でもダメという微妙なポイントもあるようです。同年代か年下に貰ったとすれば同じ金額かそれ以上が基本的な金額となっています。貰ったものが1万近くもするようなチョコだと同年代や年下の場合は義理だとすればむしろ非常識にあたるのでこのような場合は別に安くとも構わないと筆者は思っております。バレンタインのプレゼントの相場など高くとも1,500円くらいのものです。なので、どれだけお金をかけてもその程度までと考えておきましょう。基本安い同士で済ませるのが義理だと筆者は考えているので、ホワイトデーのお返しもその程度のものだと必要以上に構えている男性の方は心得ておいてください。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告