1日1食のダイエットは太る、効果は微妙

カテゴリー
行っても短期間で

ダイエットを行う際に、極端に食事量を減らす方がいます。もしくは、1日の食事回数を極端に少なくするということを行いますが実はこれはかなりの間違いです。確かに人は1回に食べる食事量、吸収できる栄養素に限界があるので効果は一概に無いとは言えません。しかし、一定の期間行うとすぐに停滞期は訪れます。普通のダイエットより早いです。なぜかは言うまでもありませんが、身体と自分の脳が共に飢餓状態をほとんどの時間に感じているからです。

行っても短期間で

行っても短期間で

1日1食ダイエットは短期間で済ますべき

1日一食ダイエットはダイエットをとりあえずはじめてみようと思う方にはかなり手っ取り早い方法です。しかしながら、これを行うにはずっと続けていても効果は長期間感じることが出来る方は少ないです。もしくは、そもそもが食べすぎであったりオーバーカロリーで過ごしている方が痩せる傾向にあるだけです。効果が無いわけではないのですが、なぜ行ってもすぐにやめるべきか、疑問に思われる方も多いと思いますが一番は基礎代謝が低下してしまいます。これが人間の体に起こるとどうなるかというと立派なリバウンド体質の出来上がりです。このことから、痩せたからといって以前の食事量に戻してしまうと簡単に太るのが1日1食ダイエットなのです。しかも、前述の通り基礎代謝が下がっているので冷え性も併発する方も多いです。ではどうすべきなのか、そう思われる方も多いのですが1日プラス1食ダイエットを行うべきだと思います。1日3回の食事を行っている方は4回という感じにプラス1食で過ごします。しかしながら、3食の時のカロリーを超えない範囲で行います。そうするとどうなるかというと、以前より食事回数は増しているにもかかわらず、摂取カロリーも同じかそれ以下になることで基礎代謝は向上します。もっと簡単に説明してみると、飢餓状態と感じる期間が少ないと感じますので1回の食事で少々カロリーオーバーしても太りにくい体質がまずは構築されます。それらに運動を組み合わせるとびっくりするような効果が出るでしょう。筆者も以前1日1食ダイエットを行ったことがありますが、ひたすら苦行の覚えがありました。食事に対するストレスもつらい割には効果はイマイチという感じです。何よりちょっと羽目を外しただけで簡単に太ります。そんな身体に誰もなりたくはないですよね。

1日プラス1食は間食でもOK

1日プラス1食をするにはやはり食事の準備が必要となりますが、いつものような食事ではなくプロテインなり、コンビニで売っているようなサラダチキンなりで食事を行うだけでも問題ありません。スルメなども適しています。これら挙げたものはたんぱく質であり、腹持ちもかなり良く消化されにくいものです。たんぱく質の食べ物や脂質が含まれた食べ物の両方で炭水化物を抜いてオーバーカロリーで過ごしても痩せたというデータがあるくらいです。ネックなのは例外なく値段が高いことで、炭水化物は安いので少し経済的負担は増えるかもしれません。1日1回スルメを食べたとしたら1ヶ月で3000円くらいの食費がプラスになります。しかし、このように1日プラス1食をするだけで、効果は段違いなのでお勧めです。間食をするには前述のような基礎代謝を増やす目的なのです。サプリメントを買ったと思うとちょっと安いものですよね。