鼻づまりをサクっと簡単に解消する方法

カテゴリー
簡単に解消♪

鼻づまりという言葉を聞くだけでも嫌になってしまいそうですね。現にそれで今お困りの方も居るはず、12月~3月は鼻づまりで困っている方がいつもより増えています。そんなこんなで簡単な解消方法を知りたいと思われる方にいくつかの方法をお教えいたします。原因をまずは知って頂いてから、理論的な解消方法をお伝えしたいと思います。

簡単に解消♪

簡単に解消♪

そもそも鼻づまりはなぜ起こる?

まずは、これを知らなければ解消する手立てもありません。いくつかの原因を挙げますが、まずは風邪や花粉症などによって一時的に鼻が炎症を起こしている場合です。ほとんどの場合がこれに該当し、恐らくお読みの方もこれで悩まれていることだろうと思います。その他の原因としては、薬の使いすぎです。万年お悩みの方も居るようで、花粉症などで悩んでいる方もこれに該当する方も居ます。一時的に楽にはなりますが、また再発しての繰り返しでお薬による耐性が身体に構築されてしまいます。そうなるといつもより量を多く使わないと効かなくなったり、使用頻度が増えたり、それらのおかげで鼻の中が正常な状態に戻らなくなり、手術という例もあるようです。最後に、鼻の構造自体に問題がある場合ですが、これは極めて稀な例です。もっと簡単に書いてみると、鼻が曲がった状態でついているという例ですが、その場合だとすでに生活上か医者に指摘されているはずなのでこれに該当する方は今回は鼻づまりを簡単に解消する方法としては例外です。それでは、原因を知ったところで解消方法をお伝えします。

鼻づまりをささっと簡単に解消してみよう

ツボの位置

ツボの位置

鼻づまりは、一時的な血行の悪さなどで起こる場合もあります。寒い季節とかはまさにそれですが、一時的に鼻を温めます。カイロなどがあると冬の時期はとても便利なので1個くらいは携帯しておきましょう。そうすることで、血行は強制的に良くなるのでウソみたいにスーっと引いていきます。垂れてくる場合もあるのでティッシュも一緒に携帯しておきましょう。驚くほど間単に解消されます。次に、詰まっている方の鼻を上にした状態で寝転ぶのも1つの手です。右の鼻が詰まっているなら左向きに寝ます。強制的に鼻づまりが簡単に解消されるので、そのタイミングを見計らって一緒に鼻をかんでおきましょう。次に鼻に直接アプローチをかけない方法ですが、神経を刺激する方法です。一番簡単なのが爪もみです。薬指以外を揉みます。そうすることで交感神経が刺激されて結果的に鼻づまりが簡単に解消する手立てとなります。人に行ってもらう方が効果もあるので、鼻づまり仲間同士を見つけて本当かどうか試すのも1つの手です。さらに花粉症のようなアレルギー症状に対してもよく効きます。親子や夫婦などで行うことで普段のコミュニケーション不足もついでに解消できそうです。最後になりますが、目の下を刺激するという方法もあります。実際に押さえた頂くとお分かりいただけるかと思いますが、押さえた時点で鼻とつながっているのが確認できるかと思います。比較的強めに刺激することで鼻づまりが簡単に解消できます。効果のある方は、びっくりするほど鼻水が垂れてくるのでティッシュはもちろん必須です。筆者が試した中で比較的効果があったのはやはりこれで、いつでもどこでも簡単に試すことが可能です。温める環境がなくとも簡単に実行できますし、寝ながらだって出来ます。その他、いくつか方法がありますがこのようなツボはピンポイントでしっかりと刺激しなければあまり効果が感じられないというのも難点。このことから、簡単に解消できる方法のみを今回は選抜してお伝えしました。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告