羽生結弦の性格は悪いのか?検証してみた!

カテゴリー

今更聞けない羽生結弦さんはどのような人なのか、性格は良いのか悪いのかといった疑問が生まれています。最新のエピソードと共に今回は羽生結弦さんの性格を検証していきたいと思います。まとめたことを先に書いてしまうと相当の頑張り屋さんです。でもそれはなぜなのかといったことも書いてみますので是非!

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦の性格はとても頑張り屋さんである

男性と女性の中間というか中性的な羽生結弦さんでありますが、中身は相当の努力家です。ジュニア部門で堂々の1位という羽生さんですが、翌年に行われた演技では当時3位の選手に負けてしまったことからかなり悔しがっていたようです。そんな選手に負けたこと事態が腹立たしいということで話題を呼んでいたこともあります。また、自分が常に追い求めているところが一般的な考えとかけ離れていることから相当のプライドの高さがあると見解がありますが、世界レベルの選手となっている今はむしろそのくらいの心意気がほしいものです。それらが影響してか、学校ではいじめられる原因になってしまったとあります。考えてみれば、それらに嫉妬するということや、意識せずとも嫉妬してしまっているということはよくある話です。同年代の人間が頑張っていたら自分も負けないぞと頑張って向上していくものです。しかし、日本独特の集団と同じでなくてはならないという思考は私達が義務教育の頃から教えられてきているので仕方無い現象でもあるのかもしれません。いじめはもちろんいけないことです。世界レベルで活躍するとなればそれなりに思考を変えなければいけないというのも事実であり、羽生結弦さんの性格上では、最初からそれが出来ていたのです。もう一つの考え方としては、クラスメイトには凄く高圧的という意見もあるようです。これを考えると孤立してしまうのも当然かなとさすがの筆者も思ってしまいます。相当な頑張り屋の性格ということを考えると、むしろ周りはなぜそんなにだらけているのかという落胆が自然と態度にも表れているのかもしれません。しかし、まだまだ人間を磨くという当時の年齢では総合的なことから考えると仕方のないことなのかもしれません。これらのこともあってか、世界レベルとなっているのは素直に尊敬するべきところです。

羽生結弦はまだまだ子供な性格もある?

クマのプーさんのぬいぐるみを持っていることで有名ですよね。その年齢の男性にしてはちょっと子供っぽいと思ってしまいます。もっている理由としては落ち着くというのが主な理由だそうです。世界レベルのスポーツとなればそれなりのメンタルマネジメントも大切です。また、母親と共に行動していることからちょっとアレなのではないかという意見もありますが、学生という過程をすっ飛ばしていきなり上に向かうと考えると不安が無いということは恐らくありません。これらのことから子供っぽい性格な部分も確かにありますが、自分をそれなりに魅せようと頑張った結果と考えると可愛いものです。同じ志がある選手とは仲良く出来ているので性格そのものには問題は無さそうです。むしろ仲間をしっかりと考えて、試合中に浅田真央選手にエールを送るという出来事を振り返るとかなり出来た人間だなと筆者は思います。

最近のコメント

性格が悪いエピソードは?

よく、性格が悪いといった声もあるようですが、これらの発言や行動を振り返って情報収集をする私達がどう感じるかということです。これまで紹介したエピソードがかなり性格が悪いというように編集されている記事もあれば、この生地のように良いと書かれていることもあります。筆者は情報収集をしていて性格が良いというイメージが大半だったので良いエピソードとして紹介しております。今後メディアにさらに出ることで活躍が見込める羽生結弦さんですが、是非とも素晴らしい成績を今後も残してほしいですね。応援しています。