膀胱炎の対処法は「水」が一番!科学的に教えます

カテゴリー

膀胱炎に一度なったことがある方はかなりつらい思いをしたことがあると思います。出来れば二度と体験したくない、筆者もそうなったことがあるので思っております。なったときに起こる症状としては尿を出すときに痛みが走ったり、血が混じったり、トイレに行きたくなる回数が極端に増えます。何がつらいかというとトイレの回数が増えることです。一度出し切ったとトイレを出ようとした瞬間に襲ってくる尿意に絶望感すら覚えます。そうなったときにすばやく回復するための対処法をお教えしたいと思います。

膀胱炎になったときの対処法

基本的に膀胱炎になったときに起こっているのは菌による炎症です。市販薬を使うどころか、病院で処方してくれない場合もあります。筆者の場合はそうでした。このまま放置しておくわけにもいけませんし、なにより次に起こりえる症状が心配なのでとにかく必要なのは水です。胃が許す限りガブガブと飲んでとにかく体内のサイクルを早めるのが一番の対処法です。これが何よりの薬だったりすることが後から分かりました。利尿作用があるものも飲んでもよいかもしれません。具体的にはコーヒーやお茶ですが、水分補給の気休め程度に考えておき、基本は水を中心に体内のサイクルを早めます。しかし、これだけじゃ納得できない方も多いはずです。水はそもそもどのような効果があるか知っておきましょう。私たちが飲んでいる水道から出ている水は化学式どおりのH2Oではなくその他の成分がしっかりと入っております。水が腐らないようにするためや、何より人間が水中毒を起こさないようにするためです。純粋はあらゆるものと結びつく性質があり、精密機器の埃除去に使われるくらいです。そして、私たちがやっとこさ飲むことの出来るようになった水レベルの話でも一緒ですあらゆる毒素などと結びつく性質があるので一緒に菌も流してくれます。このような観点から、結果的に薬より最適な対処法となります。このレベルの話は医者には分からない話なので、説明されても理解できないとおっしゃる方が多いのも無理はありません。マニュアル通りの説明というのも悲しいのですが、マニュアル通りの対処法にもこのような理屈があります。これでおそらく水を飲む気になれたかと思います。

水はどのくらい飲めばいい?

運動をする方なら4リットル、普通の方ならば3リットルは最低でも飲むべきです。意外にこれがクリア出来ていない方が多いのですが、これを実行できるようになると膀胱炎どころか様々な症状が解決します。寒がりの方は基本的に寒いと感じることが少なくなるでしょう。それは水分を摂取したからだが体温を上げなければならないと判断して一生懸命体温を上げるようにします。小難しく言うと代謝能力の向上です。このことからさらに毒素を排出するようになるほか、脂肪を溜め込みにくい体になります。内蔵の動きも活発になるので、結果的にはさらに膀胱炎を改善する手助けにもなります。ちょっとした対処法のつもりがこれだけのメリットがあります。実は他にも様々な体にとってうれしいことばかりが起こりますが、挙げるとキリがないのでこれまでにしておきます。とにかく膀胱炎になってすばやい対処を行うならば水です。