ユニクロは結局ダサいの?疑問を解決!

カテゴリー
場合の問題です

ユニクロというと賛否両論がありますよね。ネットの噂や人の噂を聞いてみると「ダサい」というようなネガティブワードを聞いてそうなのかなと思いかけている人も居ると思います。先にここで結論を書いてしまうと、場合によってはダサいということです。そうではないと、ここまで意見が分かれることも無いと思います。あれこれと考えているあなたの疑問を解決し、ファッションについて改めて勉強しようというのが今回の記事です。

場合の問題です

場合の問題です

ユニクロはなぜダサいのか

まず、ダサイと言われるサイドの意見を集めてみました。問題点として、シルエット、着こなしの難易度の高さ、縫い合わせの問題、オタクのファッションと色々な意見が書かれています。それぞれの理由を見てみると何となく理解ができますよね。特に筆者は縫い合わせの問題をひしひしと感じています。高いブランド物と比べるとやはりユニクロ製はこのあたりに少し疑問を感じますし多少のほつれとなると当たり前の世界です。生地もそこまで良くはないのでさらに問題視されているという状況です。しかし、冒頭で述べたように場合によってはこれらの問題は大したものではありません。むしろユニクロがこうやって生き残っている理由ともなるでしょう。例えば、高いブランド服に身を包んでいるのに焼肉に行くとなったら恐らくファッション好きの人は嫌がったり、別の場所を提案したりすると思います。そうではなくともすでにそのあたりが考えられる、誘う側が少し敬遠してしまったりということもあります。要するにTPOの問題です。更なる極論を書いてしまうとスポーツをするのにスーツで来る人は恐らくいないでしょう。あえて安い服で簡易的なものを着る必要がある場合もあります。毎回毎回きちんとしすぎても何だか引いてしまう方は多いです。

ダサくないユニクロの着こなしはあるのか?

オシャレな方でも意外とユニクロは着ています。筆者はおしゃれという自覚はありませんが、ユニクロ系のものを着ていてもちょっとした集まりに向かうとオシャレな着こなしだねと言われることもあります。全てをユニクロで揃えてしまう言わば全身ユニクロではなく、ワンポイントをユニクロにしてしまうというような使い方もします。最近はおしゃれの幅も広がってきており、同系列店ではジャケットを販売するといったようなこともあります。しかし、見てみるとここでは先ほど述べたシルエットの問題が出てくることがあります。肩幅があっていないということや、胴回りが一致していないという問題など様々です。シルエットが合っていれば実はおしゃれなアイテムに変身でダサいということは全くありません。このあたりが出来ていない方が多かったりするのも現状なので結果的にユニクロがダサいというイメージが定着することもあるようです。ファッションに自信が無い方は、とりあえずマネキンを真似てみるという手もあります。もしくは、体型が似ている人のファッションを参考にしてみたり、ブランドの販売サイトの配色や着こなしを真似てみたりと様々です。しかし、年々ファッションというものはトレンドが変わったり、サイクルがあったりと意外に面倒です。サイクル分を揃えてしまえば常におしゃれな着こなしは出来ますが、そうなる頃にはファッションモンスターかもしれません。別の考え方として、最初からおしゃれを狙いに行かずに清潔感があったり、見た目で不快感を与えないということから考えても良いと思います。通年ジャージより、ちょっとシャツを着てみるといった具合です。

最近のコメント

最後に

まとめてしまうと、ダサくない着こなしだったり、ダサいという議論はケースバイケースということが明らかになったかと思われます。無難な着こなしをしたければマネキンを参考にしたり、体型を考えてみたりという具合です。さらにおしゃれになりたければ全身ユニクロやユニクロ事態を卒業しなければいけないこともあります。しかし、安かったりオシャレなアイテムとして使えるものもたくさんあります。安いというところが魅力的です。場合によってこれから着こなしてみてはいかがでしょうか。