ハリセンボンのはるかの体重は52kg体脂肪は多い!?

カテゴリー

ハリセンボンのはるかこと、箕輪はるかさんです。かなりの痩せ型であり、ボケ担当であります。最終学歴は早稲田大学という知性の持ち主であります。しかしはるかさんを見ていて体重はどうなのかという疑問をもたれる方も多いです。さらに意外と体脂肪は多く、そのワケを今回は紹介したいと思います。意外なことだらけだと思いますので、驚きまくって下さい。最終的には体脂肪の考察ばかりですが、間違った知識を正すためにも参考にしてみて下さい。

はるかさんの体重52kgと意外に重い

あれほど気にされている体重ですが、はるかさんの体重は52kgを意外に重いです。平均的な体格でありますが、脚などに力が入ることから筋力は結構あることが予想できます。普段の行動や摂生な生活をを行っていると考えられる体重と体系です。自転車やウォーキングは日常的に行っていることは簡単に予測できます。仕事に向かう間なども恐らくそうであり、脚力はある方です。しかし、運動らしい運動やダイエットなどは行っている体型では無いと誰もが見て分かる状態であるのでやはり車やバイクは使わなさそうな生活をおくっているということは間違いありません。過去に紹介された食事ではメロンパンを食べるのが1日に1個のみということであり、かなり食は細いのです。しかし、それだけの生活をしていれば体脂肪は少ないのでは無いかと思われる方も多いはずですが、これは思いっきり間違いであることがお分かりいただけるかと思います。

はるかさんの体脂肪率は27%である

これは意外に多いと思われた方、これからダイエットを行おうと考えている方は真理をついている体型です。はるかさんが自主的に行う運動量は極めて少なく、1日の食事がメロンパン1つであると考えると体は自然と飢餓状態を感じます。そこで筋肉などを全て脂肪に変えてしまおうと体はかなり頑張ります。代謝能力も恐らくかなり低いはずであり、冷え性であるということも予測できます。このことからダイエットで食事を減らしただけでは体脂肪なんて減るわけがないということは簡単に分かりますね。実ははるかさんの体型や体重を考えると少し怖いのです。これが今回一番伝えたいことなのですが、老人の体型そのものであることです。年齢相応の生活レベルに適したものではなく、足の筋力を失えば恐らく寝たきりになれるというのがハリセンボンのはるかさんの怖いところです。実際に寝たきりの老人の方が同じような体脂肪率や、体になっています。

最近のコメント

体脂肪にあるよくある誤解

実は体脂肪は簡単に増やしたり減らしたりすることは出来ません。相応の生活に慣れていくもので、少なくても大丈夫と感じた場合には体は必然的に減らします。飢餓状態であれば増やします。無理矢理ダイエットを行って、美しいスリムなボディを手に入れたモデルさんであっても平気で20%の体脂肪です。見た目はスリムっぽいのですが体の内側を見るともう大変なことが起こっており、老人そのものの体です。そして、力もあまり出ない状態でなおかつこれに該当する方は少しの食事でリバウンドするのが現状です。ダイエットにおける食事制限は確かに必要ですが、やりすぎるとかんたんにのような体型が出来上がってしまいますのでやるとしても一時的にとどめることがオススメ、そして何かしら動くことは重要です。しかし、動くというのも中々面倒なので自分の目的にあった方法をうまい具合に見つけること、これが体脂肪を考える上での判断基準です。