假屋崎省吾の作品はホンモノ?自宅や年収も公開!

カテゴリー
假屋崎省吾

假屋崎省吾さん、今では華道やタレント活動と大忙しですね。作品の話題前にまずは幼少期からですが、ここから才能は開花していたようです。ご両親は園芸がとても好きであり、それに影響されたのかNHKが発刊する作品集や女性っぽい趣味のものに片っ端から手を出していたようです。そんなこんなで、早稲田大学に入るという結構な学力の持ち主であります。学生生活の中で自分をアピールするための職業は何かと考えた時に生け花を思いついたようです。

假屋崎省吾

假屋崎省吾

假屋崎省吾の作品って良いの?

実はかなり独創性のある持ち主です。華道ではかなり有名な方であり、最初こそ評価されない人物でした。しかし、そんな中でも自分を表現するということを忘れずに生け花を続けました。作品については実はこれまでやってはいけないことをやることもありました。その業界ではそんなことをしていいのかというようなことを平気でやってのける人間でありましたが、次第にその作品が評価されるようになってきました。何十年レベルでやってきている専門家の中でも意見が分かれるレベルの作品ですが、それでもなお評価されている作品はあります。テレビに出ているときなどは生け花の一般論としてしか表現せず、独創性が失われている作品であるという意見も結構あるようです。しかしながら、假屋崎省吾さんの作品自体に関してはかなりの技術があることは間違いないようです。また、動きのある作品としても見られているようです。1つの花は花ですが、様々な種類のものを組み合わせることや大きな花から小さな花まで活用したり、空間までも活用するといった具合です。たまに色に関してはよろしくないとされている組み合わせをすることもあるらしいですが、そこがまた評価されています。作品の展覧会では、蘭を見事に活用したものや、30年という自分の華道を現した作品などなどダイナミックな作品が多い印象です。やはり、空間までも活用してしまうのが假屋崎省吾さんの本当の実力だと思います。芸術については様々な意見がありますので、これが正しいとは限りませんが、筆者なりの感想でした。

ダイナミックな作品

ダイナミックな作品

そんな假屋崎省吾の年収や自宅は?

假屋崎省吾さんの自宅はどうやら表参道の方面にあるようです。自宅は見る限り、ヨーロッパをイメージさせるような自宅です。自宅については自分を表現しまくっているというわけではなく、むしろ落ち着いた高級感があふれています。そして、その自宅はなんと何十億もするというようなとても一般人に手が出せそうにない金額のものを建てているようです。さて、これだけの華々しい活動暦や、物凄い自宅を建てているので年収も凄いはずです。近年の年収については、4億円近くの年収を稼いでいるようです。しかし、税金もかなりのものになり1億円以上の金額を毎年納めているようです。日本は億万長者には住みにくそうです。メインはやはり華道での収入であり、芸能活動で収入を得まくっているわけではないようです。さらに、現在も尚その生活や自宅を維持しているので年収情報は確かなものです。これだけの年収だと普通に稼いでいる方は想像もつかない世界ですね。しかし、努力があってこその世界なのでそれだけもらっていても何らおかしくはなさそうです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告