運は本当にある、悪い人には特徴も

カテゴリー
運をアップさせましょう!

運はそもそも何でしょうか。物事の運ばれるさまや、定めなど基本的に流れを指すようです。すでに結論が出てしまいましたね。これだけでもすでに運は本当にあるということは言えてしまうのですがそれだけでは物足りないです。恐らくこちらを読んで頂いている方は運が本当にあるのかといった疑問から自分は運が悪いというネガティブなものまで抱えているかと思われます。まずは、運が強い人を目指して運気アップを目指しましょう。そして、特徴を把握して運が悪い自分とはおさらばです。

運をアップさせましょう!

運をアップさせましょう!

運は本当にあるという例

先ほど物事の流れが運そのものであるということをお話しました。具体例を上げて紹介してみましょう。AさんとBさんが居たとします。この二人は運が良い人と悪い人ですが、これから地域の活性化を目指すべくそれぞれが頑張るようです。Aさんはとにかく物事を慎重に考えるタイプで、資金などの面からもしっかりと考えられる人材です。仕事に対する能力も問題ないといえるでしょう。BさんはAさんほど完全というわけではありませんが、少し考えて行動します。しかし、行動の早さや明るい持ち前の性格などでガンガン突き進むタイプです。さて、この二人どちらが運が良いでしょうか。または、成功したと言えるでしょうか。実際に会った出来事なのですが、この場合Bさんが運よく全ての仕事をこなすことができました。しかもこのプロジェクト自体はかなりの活性化になりました。おかげさまで会社内での立ち居地も変わり、Aさんより数年後は結構な給料も手にすることになりました。実際にあった運は本当にあるよという例です。しかし、日本人の方って実際にAのタイプが多いのです。責任感があり、与えられた仕事は完璧にこなし、それでいて独創的な面もあります。これまでに日本が成長してきた良い習慣でもありますが、もう少しステップアップする必要があります。運が悪い人の特徴も見ながら、運が良くなるためにはどうしたら良いのかこれから考えてみましょう。

運が悪い人の驚きの特徴

本当にあるのです・・・

本当にあるのです・・・

自分は何でこんなに運が悪いのだと悲観的になる方も居られると思います。確かにラッキー要素が含まれる運はあります。例えば、意中の人に告白した時に返ってくる答えというものは完全にラッキー要素ですよね。相手がどう考えているか分からないものは基本的にそうなのです。運が悪い人の特徴をこれから例に挙げてみます。筆者自身、運の良し悪しにかかる職業であります。特別な職業でもなくありふれた職業なのですが、運という面から見るとこれは確実に言えることなので特徴を解説します。まずは、1つの成功するかしないか分からない出来事、しかし成功する確率は極めて高いという出来事です。これに対して運が良い人はすぐに飛びつきながらもしっかりと動いていきますが、運が悪い人というのはネガティブな感情のまま決めており、ネガティブなまま動いていきます。当然ネガティブな行動は実際に反映されて結果として現れてしまいます。何度も言いますが、物事が運ばれるさまや定めなのです。どうせ自分なんかと考えている結果が定めです。逆に運が良い人はガンガン動いていくので良い結果として残っているようです。さらに、周辺人物に振り回されるという特徴が運が悪い人の特徴としてもあります。例えば、自分なりの一貫した考えを持っていないというのは一見柔軟性のある人物のように見えますが、運としては悪い方にあたります。全てに対して一貫した考えはもちろん持たなくても良いです。そんなことをするとマニュアル人間になってしまってつまらなく思えますよね。料理だけはこういう考えがあるという些細なことでも良いです。それをまず実践しましょう。そして、周りのトレンドにとても流されやすく、いわゆるミーハーな部分が多い方もそれにあたるようです。全員がそうとは言えないのですが、やはりその傾向が強いというのは否定できません。

運は本当にあると知ったところで、運気アップの方法を伝授

自分は運が悪いと悲観的になっている方はいくつかの方法を実践してみましょう。まずは、ネガティブな思考を変えることです。筆者自身そうなのですが、考え方一つで変わりました。考えることが出来るというのは一種のスキルでもあるのですが場合によってはそれが裏目に出てしまうことがあり、世の中では暗役者という位置づけになってしまうようです。せっかく良いことをしたり、成果を残しても評価されなかったりすることもありました。また、愚痴の頻度が高いことや、同じ人としか関わらないという特徴もあるのでそれらを変えましょう。これは相当のストレスにあたると思いますが、1つの試練でもあります。どうしても愚痴を言いたいとすれば、日記にするなりして人には話さないこと、そしてそうすることで新たな発見があります。また、同じ人と関わるのは安定感があって良いのですが、自分を変えるきっかけにはなりません。自分とは違う考え方の人とたまには衝突しながらも考え方を取り入れることによって運は強化することが出来ます。そして、運が本当にあったということを自覚することが出来ます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告