お義父さんと呼ばせて放送開始!キャストなどは?

カテゴリー
父役

お義父さんと呼ばせてがついに放送開始です。しかし、ありがちな話題ですが少々特殊な話題です。父親の渡部篤朗こと花澤紀一郎は同い年の遠藤健一(大道寺保)が自分の娘と結婚したいという申し出にかなりの困惑があります。紀一郎は商社勤めであり、最年少で役員になれたというエリート階級。家庭も順調で、3人の子供にも恵まれています。対する、保は仕事一筋であり結婚を考えずに男らしく生きてきました。運命を変える花澤美蘭と出会うことによって結婚を考え始めました。複雑なストーリーではあるものの、面白い内容っぽいですね。

父役

父役

その他キャストは誰が出ているの?

遠藤憲一(娘の恋人)
渡部篤朗(父親)
蓮佛美沙子(娘役)
和久井映見(母役)
新川優愛(妹役)
中村倫也(兄役)
山崎育三朗(娘を好きな人)
中村アン(紀一郎の告白から逃げる人)
品川徹
・・・などなどのキャストが現れているようです。

初めのストーリーはどんな感じ?

簡単な内容

簡単な内容

先ほど紹介したものを含めて、内容を予め紹介します。大道寺保は51歳の営業であり、かなりの成績を残しています。仕事に対してもかなり熱心であり、仕事をする人の鏡らしく生きてきていた人物。当然、女性と出会うこともありませんでした。しかし、営業先の人の幸せそのものであるカップルの結婚式を見てかなり心を動かされたようです。女性を意識しつつ動くことを決意しました。、28歳も年下であるシステムエンジニアである花澤美蘭に出会って、プロポーズをしました。その状況を知らない花澤紀一郎は娘に恋人が居ることを妻からの知らせによって知りました。そして、世の中のお父さんらしく複雑な心境になっていました。さらに、大道寺保が自宅に挨拶に来るということで不安にもなっている様子。それに拍車をかけるように、美蘭以外の息子や娘ネガティブな印象を与えられ続けました。そんな中、美蘭が保を紹介するために帰ってきた相手の男性が自分と同い年だということを知ってかなりショックを受けた様子。そして、あまり好いていないタイプの方がまさか美蘭の父親だとは思わずかなりのショックを受けた保。複雑さが加速していきますが、そんな心境をよそに、美蘭がこれからの進展具合を家族に聞かせ始めました。それに対して、紀一郎は相手の男性の考え方が違うということで結婚は大反対です。そこで、理解してくれないなら出て行くというのが初めのストーリーです。これだけでもかなりの内容ですが、思った以上に内容はもっと複雑になっていそうですね。

話題の背景にあるものや話題性

実はこれは世の中から考えてみると結構ある問題になってきたようです。問題というほどでもありませんが、結婚あるあるネタでトレンドを取り入れているのかもしれません。歳の差結婚というものは以前からありましたが、ここ数年でかなり増えてきたのです。収入が不安定な同年代の男性よりも、年上の貫禄やしっかりとした将来が確立されているからこその安心感からでしょうか。生活の上で安心って必要ですよね。キャストも中々面白い構成になっていたりするようです。年上が好きな方にも面白そうな内容となっているので見ごたえはありそうです。反面、放送されない地域もあるのでそこが残念だったり、他のドラマと被っているのが惜しいポイントです。Twitterでも話題爆発寸前です。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告