スウェーデンの言語は?観光情報についても紹介♪

カテゴリー
納得しやすくも解説

スウェーデンというと、私達日本人からすればよく分からない土地ですよね。位置的にはヨーロッパのあたりであり、基本的な言語はスウェーデン語やフィンランド語です。これまたややこしいのですが、過去にあった争いごとでゲルマン語というものや、東スカンジナビア諸語、スウェーデン語と大体の系統に分かれています。その中でも現在メインなのがフィンランド語やスウェーデン語というようなありきたりな回答に戻ってきます。言語の勉強ついでに今回は、観光情報についても書いていきます。

納得しやすくも解説

納得しやすくも解説

スウェーデンで喋られている言語はスウェーデン語である

よく、英語も喋られていると言われておりますが、これも正解です。しかしながらスウェーデンの言語がやはりメインとなってきます。では、なんで喋るのかというと日本で言うとことの勉強で学んでいるだけです。日本人も日本語を喋りますが、英語も喋ろうと思えば喋れる方も数的には少ないもののしっかりと喋れる方も居ますよね。実はそのような感じなのです。しかも、日本語のように難しい分の組み立て方ではないので、ちょっと発音が違っていたりするだけの話です。もっと分かりやすく説明してみると、関西弁や伊予弁、秋田弁などといったようなものです。もちろん言葉の使い方や訛りが違うので同じ日本でも通用しないことは多々あります。これらに加えて、英語を喋ることができる人間はカッコイイと思われているようです。それらに影響してか、広告やテレビCMでもよく英語が使われているようです。受け入れられている原因としては、やはりスウェーデンの言語同様、密接な関係があるので老若男女問わず分かりやすいという傾向もあるようです。何だか言語1つにしても奥が深いですよね。このようなことから、現地に向かう時は英語で喋っても通じることは比較的多いので安心です。少なくとも、大手の空港の案内の方などは英語が喋ることができる確率が高そうです。

スウェーデンって観光する上でのおすすめってあるの?

ここも観光スポットですよ!

ここも観光スポットですよ!

ストックホルムという地名は誰しも聞いたことはあるのではないでしょうか。むしろ聞いたことは無いよとおっしゃる方はこの際お勉強です。そうはいっても、メインの観光スポットですが。おすすめの場所は水の都と呼ばれております。夜景と水に映し出される景色がとても幻想的です。旅行好きの筆者も一度だけ観光をしたことがありますが、何枚も写真を撮りました。次にオススメなのが、市場みたいなものでヒョートリエットと呼ばれるところです。実はここ、スウェーデンの方もよく買い物に来る場所なので、現地その物を楽しむことが出来ます。チーズやサーモン、フルーツなどがたくさんおいてあったり、魚系の料理がたくさんあります。食べ歩きツアーなんていうのもとても面白いのでやってみると結構盛り上がります。次に是非オススメすべきというか絶対行ってほしい場所は市立図書館です。かなりオシャレさのある図書館であり、通常のところとは違って書籍が円形に配置されており知性と美を感じさせる空間です。スタバで勉強している学生に余裕で対抗できる空間です。ここからは筆者は試したことは無いのですが、氷で何もかも出来たホテルがあるようです。ちゃんと宿泊できるように設計されており、寒いところで暮らすことを知るために作られたようなところだと感想を述べているサイトもあるようです。ホテルらしいサービスもしっかりとしており、氷を使った食事や結婚式などなど小さなことから壮大なことまで出来るのがこのホテル。書いている時点ではあまり泊まる気はしません。しかし、幻想的な空間であるので観光スポットとしてしっかりと成り立っております。氷ならではでしか演出できない空間や、様々な国の美術家が作品を残したりと年々にぎわっているようです。泊まると考えたら少し躊躇しますが、観光としてはかなりおすすめのスポットのようです。筆者もまた行く機会があれば是非向かってみたいもの。