乾燥肌を食べ物で治すいくつかの方法とは!

カテゴリー
さよなら、乾燥肌!

ここ最近で、乾燥肌に悩んでいる方が増えているようです。冬はもちろんのこと、乾燥肌になってしまう原因はいくつもあります。食べ物で基本的に治ることが多く方法の1つとしては最善策です。しかし、何故乾燥肌が起こるのかというのを知っておかないと逆に食べ物はどのようなものを選べば良いのか分かりません。そういったことを今回勉強して、これから乾燥肌の自分に別れを告げましょう!

さよなら、乾燥肌!

さよなら、乾燥肌!

乾燥肌を食べ物で治す前に原因を知っておこう

乾燥肌げ起こる原因はまず何でしょうか。簡単に言うと、肌の水分が不足している状態です。また、脂質が極端に不足していると乾燥肌の原因となってしまう場合も多いようです。さらに、体質や季節的な関係もあります。また、不摂生はお肌のトラブルの元になってしまうということはすでに聞きなれたことだと思います。実はこれらをしっかりしていない方がとても多いのです。乾燥肌の原因のおさらいみたいになってしまいましたが、これらを防ぐためには食べ物でやはりカバーをしていかなければいけません。選べば良い食べ物の種類をこれから紹介していきます。

脂質は避けずにしっかりと食べておこう

女性で乾燥肌に悩んでいる方の食生活を見ていると脂質が極端に不足している場合が多いのです。脂質は太るのではないのと思って極端に避けてしまう傾向にあるようです。しかし、不足を招くと乾燥肌どころか便秘になったりもするので本当に厄介なものです。多すぎても太ってしまうしということで、簡単にどれだけ1日に食べ物か摂れば良いのか計算しましょう。体重50kgの方が居たとします。この方に必要な脂質の量は45gです。自分の体重に0.9の数字をかけて算出してみて下さい。太ることもない数字です。モナ王などのアイスに換算すれば4つくらいは食べていい計算になります。意外に食事から摂ることが出来るということがわかりますね。ちなみにこの場合、脂質は1gに対して9kcalなので405kcalを摂ることになります。上限値なので、普段より多めに摂るくらいで問題ありません。どうしても太るのが心配な方は、良質な脂質を選ぶことが重要になります。最近流行ったえごま油、アマニ油などが良質な脂質にあたります。食べ物から摂取するにはとても手軽でスプーン1杯程度飲めば良いのでとても簡単です。10gと仮定すると90kcalです。ジュース一杯よりカロリーは低いです。それでも太ってしまうのではないかと心配になる方も居られると思います。気持ちは十分に分かりますので、さらに乾燥肌を防ぐ意味もかねて太らずに食べ物から脂質を摂取する方法を紹介します。それは、こまめにこのような油を摂取することです。人間生きているとカロリーを消費するのですが、時間当たりや1日あたりなどでさばけるカロリーがオーバーをしてしまったりすると太る原因になってしまうだけなので、スプーン半分を2回に分けて先ほど紹介した1回分にするという方法で回避可能です。嘘のよう話ですが、本当です。

水分は避けずに、食べ物と同時に摂取せよ

水分は大事

水分は大事

この時代避ける方もいないと思われますが、避けている方も少なからず居ると思います。水分をこまめに摂取しておくことで乾燥肌を防ぐことが可能です。食べ物ではないですがこれは一番効果があります。何しろ人間の7割程度は水分ですのでそれだけ優先順位も高くなります。どうしても体に水分をためたくないとおっしゃる方は、ブラックコーヒーにしておきましょう。もちろん、砂糖はなしです。脂肪燃焼効果もあって、実は一石二鳥なのです。さらに水分を対外に排出する作用もあるので、水分を取りすぎたときにも実は効果的なのです。あまり水分を体から逃すのはよろしくはありませんが、方法の1つとしてお考えください。

で、具体的にどんな食べ物がいいの?

同時に食事から摂りたいとおっしゃる方は、サバやブリなどの良質な脂質が含まれている魚を摂取することをおすすめします。意外に魚を摂取することは難しいのですが、その分の見返りはしっかりとあります。完全に自然で育った脂質であり、壊れやすい脂質でもあるので重要なものです。なるべく動物か植物からの脂質を摂るほうが良いです。お菓子などは人間においしいように作られているのでついつい食べ過ぎてしまったりします。反面、自然は人間に都合良くは出来ていない上、生きていく上で重要でしかない栄養素を蓄えているのでまさにうってつけというわけです。これを利用しない方法はありません。

今まで紹介したもの参考にしてこれから乾燥肌のトラブルとはお別れしましょう!グッバイ、乾燥肌♪