ドイツは観光の時に英語は通じる?時差は?

カテゴリー
いってみよぉ!

ドイツを観光する前に初めての方がまず迷っているのは、英語が通じるかという問題です。通じる時は通じるのですが、そうではない時もあります。単純に観光の時にドイツ語だらけで迷ってしまったらどうしようと思われる方はご安心下さい。日本語では書いていなくとも、英語でしっかりと案内を書いているところが多いです。英語は我々日本人では必須科目ではありますが、大学などに出て語学を勉強していない限りは分からないはず。さらに、時差などの些細な疑問を解決していきます。

いってみよぉ!

いってみよぉ!

ドイツは英語が通じることもある

最初に紹介したように観光時に英語が通じることもあります。特に、年配の方には通じにくいようですがそれ以外だと通じることが比較的多いようです。その中でも生粋のドイツ人には通じないこともありますが、どうしても話すことが必要な時には英語でとりあえず話しかけてみると良いです。基本的に、日本と深い関わりを持っていたこともあるので価値観や考え方も一致しております。結構真面目な方も多いので、礼儀は正しくしておくことが必要です。さらに、道に迷った時には大体案内は補助的なもので英語表記になっていることが多いです。日本も同じようなもので、道路の方面にはローマ字や英語で表記されていることが多いですね。しかし、ドイツの中でも比較的活性化していない田舎などに向かうとドイツ語の割合がやはり増えてくる傾向にあります。同時に英語も通じにくくなるので要注意です。基本的に英語で話しかける場合には、ドイツ語でまずは話しかけたほうが良いです。相手の国に敬意を持っていることを示す形にもなります。日本でも、日本語を話す国外の方を見るとなんだかうれしくなったり、目を引いたりする感じです。「Sprechen Sie englisch?(シュプレヘン・スィー・エングリッシュ?)」と話しかけてみましょう。もしくは、紙に書いて渡すという方法でも問題ありません。そうすることで、しっかりとコミュニケーションをしたいという意思はつながります。また、筆者が個人的に役立ったことのエピソードを紹介します。観光をしている時にやはり英語が通じないところもあったので、旅に出る前のドイツ語講座の本などを1冊買っておきました。割と丁寧に書いてあるので役立ちますが、旅行直前というより、何とかなるでしょの精神で講座本片手に向かいました。何とか筆談や本を片手に身振り手振りで話してみると意外に真剣に答えてくれたので優しいと思いました。

ドイツの観光スポットでオススメは?

ドイツの観光スポットでオススメはどれかと聞かれることがあるので、ついでに書いておこうと思います。筆者が観光した中で比較的心に残っているのはまずノイシュヴァンシュタイン城です。シンデレラ城のモチーフとなったりもしています。次なるオススメは、ミュンヘンです。基本的にワイワイと騒ぐところで、ドイツの若い人達が集まります。さらに世界中の方が観光もしているので地域としては活性化しており、食事も楽しめるところがたくさんあります。とりあえず、楽しみたいという方にはまずはミュンヘンです。観光話は最後にしますが、ケルン大聖堂も中々の迫力があります。実際に目の前にすると大きさに圧倒されること間違いなしです。どちらかと言うと、アートな感じが好きな方には間違いなくオススメすることができます。

ドイツの時差ってそういえばどのくらい?

簡単に求めてみよう

簡単に求めてみよう

日本とドイツではかなりの時差があり、8時間の差があります。現在の時刻を24時間表記に戻してから時間を8時間マイナスすることで求めることが出来ます。つまり、ドイツと日本の時差を求める時にはこのようにします。

ドイツの時間 = 日本の時間を24時間表記 - 8時間

例えば、日本時間20:15の場合は上記の計算式にそって、8時間マイナスの時差を設定すると、ドイツの時刻は12:15となります。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告