間寛平の性格、1億円の保証人になっちゃう

カテゴリー
間寛平

間寛平さん、何かとひそかに話題になったりならなかったり、性格はどうなんだとか不思議に思われている方が結構居られますので紹介します。また、1億円の保証人になってしまうほどだとしくじり先生でも紹介されましたが、本当はちょっと頭がアレなのかとヒソヒソと話題に上げられている方もよく見かけます。そうは言えど、芸能界ではやはり引っ張りダコなので是非とも紹介したいと思います。

間寛平

間寛平

間寛平の性格って実際どうなの?

謎のギャグで有名で実際に「ア~メマ!」など本当に謎なのですが、実際にAB型という謎めいた性格がここに反映されているようです。筆者も実はAB型なのですがその視点からも少しどのようなものか性格をメインに考察してみます。間寛平さん本人は基本的に性格が良いとされているようで、優しい、信頼の出来る方と頼られているようです。芸能界では結構な年配で、ダウンタウンが後輩になると結構な方です。あまりダウンタウンが下手にいじらないのもここに理由があります。

あまり悪いエピソードも良いエピソードもこれと言ったものはありません。しかし、過去から推測できることとして、結構な苦労人で他人の痛みが分かる人間だということは間違いありません。だからこそ優しい人間であり、誰からも愛される性格になっているのでしょう。芸能界でこそスベっている存在ですが、やはり信頼のおける人間という意味では力強く生き残っているのだと思います。

また、そもそもは病気の治療の目的ではじめたマラソンで一時期テレビでも放送されましたがとことん突き詰めるというAB型っぽい性格からも仕舞いには世界に通用するレベルに達してしまうというかなりぶっ飛んだこともやっているので何気に凄い方です。過去に遡ってみると、吉本新喜劇に入ってから6年という短い歳月で、座長になっているようです。前述のような事柄が恐らく関わっているのでしょうか。そして、しばらく経ったころ間寛平さんは色々有名になってきておりメディアに出る機会も増えまくりで話題性も抜群でした。

何を思ったのかアメマバッヂなるものを作成しましたが結局借金地獄に終わったようです。基本的にマネーの面では性格から考えると結構杜撰さがうかがえます。それどころか、優しすぎる性格とマネジメントの杜撰さが相まって1億円の借金を背負う羽目になったのです。

間寛平が1億円の借金を背負った理由

多くの方の借金を・・・

多くの方の借金を・・・

単純に言うと世間知らずなのと、優しすぎる性格が混じっているせいか、色々な人の借金を肩代わりしていたようです。娘やお嫁さんにもかなりの迷惑をかけて、なんとか利子は免除してもらいつつしのいだそうです。その作戦はなんと、娘を泣かせて業者を同情に誘い込むというお嫁さんと娘のコンビネーション。

ここまで手の込んだ作戦は恐らく間寛平さんが考えたものでしょう。現在は無事に支払いは終えているようです。冒頭で述べた「ア~メマ!」のバッジを作ってからも多額の借金を背負うことになり、支払いも滞っている状況で裁判になりました。弁護士などから「アメマ」とはどういうものかと聞かれると淡々とギャグを披露したそうです。「ですから、アメマとは何ですか」、「ア~メマ!です」というシュールすぎる繰り返しが起こって、内部は爆笑の渦に包まれたようです。

しかし、色々運が悪かったこともあります。念願のマイホームを宝塚市に建てましたが当時は阪神淡路大震災が起こって、結局失ってしまいました。通常の方なら一生に一度の買い物ですが、再度建てることに成功したようです。ついているのかついていないのか、過去からマネジメントをうまくやっていればそこそこ暮らしていけるお金は持っていそうですが、芸能界で回っているお金は予想以上に莫大な金額になっていそうです。