高畑裕太の「まれ」の意外なエピソード、二重の整形?

カテゴリー
高畑裕太

今まさに注目の的になっている高畑裕太さん、デビューは2012年と比較的新しい俳優さんです。NHKのテレビ小説の「まれ」でもかなり有名になりましたね。発達障害なんて噂もチラホラ出てきたり、二重の整形をしたという疑惑で散々ですが、これらについて今回は紹介していきたいと思います。また、検証もかねておりますので、最後までお付き合い下さい。

高畑裕太

高畑裕太

高畑裕太の「まれ」でのエピソードについて

高畑裕太さんも出演している「まれ」のあらすじがまずご存知ではない方のために説明します。自宅のワケアリな事情によって石川県に住むことになったつむらまれ、様々な人と関わる途中で過去の夢を思い出しました。それはパティシエになることで、もう一度なる夢を実現してやろうという意気込みのある物語です。その中でも、ケーキをメインとして作るパティシエになりたいという意思があります。数々の有名な実績を残しながらも最終的な目標は世界へ羽ばたくかと思いきや、地元で店を出すことになりました。高畑裕太さんはここまで関係ありませんが、この中では野球をやっていたことや、明るい性格を元に「まれ」で活躍しております。少年としての甘いエピソードも描かれているのが特徴です。あのかなり有名な女優の高畑淳子の息子ということをご存知でしょうか。色々なことを書きましたが、ようやくここからが本題です。「まれ」の高畑裕太さんがなんとこれまでの顔立ちと違うと話題になっているのです。それは二重になっていることに原因があったようです。詳しく解説してみます。

二重の整形疑惑?

NHKのテレビ小説「まれ」でのイメージは好青年のイメージで、心もピュアな演出。しかし、とある時から何だか高畑裕太さんの顔立ちが違います。そうです、二重になっているのです。テレビ小説で有名になる前に一度母親とテレビに出演したことがありましたが、その時は比べてみてもやはり目が二重になっていると気づいている方が大勢居るようです。「まれ」では二重のままのイメージですね。美容に対する意識も高く、イケメンになりたいことなどを以前からメディアで発言していたことを見ると整形したのもおかしくはないと言えます。しかし、真実は闇の中で未だ二重になったのは整形かどうか明らかにされていません。騒がれるタイミングを予め予測して「まれ」にあわせて整形したのではないかという噂が濃厚です。実際に筆者も、二重にしたタイミングがそうではないかと思えるようなエピソードばかりが調べていると発見できました。主に前述のようなエピソードですが。

高畑裕太は発達障害かどうか

まず、発達障害の特徴を考えてみましょう。どちらかというとアスペルガー(発達障害をさらに分類)の可能性も高いです。現在は自閉症とも呼ばれていますが、これらの特徴として。他人のことが心の底から分からない、その一方で些細な人が気づかないところに異常に気づきやすい、いわゆる自己中心的な発言、ルールを重んじる、平等の精神が強いなどの特徴を持ちます。社会的スキルはしっかりとしているのがこの発達障害の中のアスペルガーの特徴です。顔の輪郭の特徴としては頭が大きかったりするというケースもあるようです。特にアスペルガーはその特徴が強く、これらの特徴を見比べてみると高畑裕太さんも例外ではないといえるでしょう。発言も度々問題になっているようで、天皇に関する問題トークを繰り広げましたが、本人はいたって本気のようで放送していたダウンタウンのスタジオトークでも次第に周りが凍りついたということもあります。これらを天然と受け止める方はまだ可愛いもので、実は発達障害が起因しているといえるでしょう。しかし、その中でも社会的にかろうじて適合するタイプなので天然という一般見解になっていますが、現状はこのようなところです。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告