森永卓郎の妻は?趣味で3億円の損!?

カテゴリー
森永卓郎

森永卓郎さんは意外とテレビで見たことがあるけど、何となく顔と名前が一致しないことも多いのではないでしょうか。少々オタクなところが見た感じですが、実際にそうです。また、経済関連の知識にはかなり長けており経済アナリストだそうです。そんな彼には妻がすでに居るようで、過去に自分の趣味で3億円の損失をかぶって迷惑をかけたとされているようです。さて、もう少しこの情報を詳しく説明したいと思いますので興味のある方は最後までお付き合い下さい。

森永卓郎

森永卓郎

森永卓郎さんの妻は意外と大人しい人だった

残念ながら一般的に顔は公開されていないのですが、本人によると田中裕子に似ているとのことです。昭和ながらの美人さんですよね。うらやましいです。現在も妻の顔は公開されていないようです。森永卓郎さんは朝からなんと夜中まで働き続けて寝る間も惜しんでいるくらいの働き者なのですが、そんな森永卓郎さんを見て、妻は良い思いもしないはず。お互いゆっくりと過ごせるのは週末くらいですが疲れきった森永卓郎さんはまともに相手を出来るはずも無く夫婦喧嘩もよくありました。そんな生活が続いている中で森永さんのお父さんが脳関連の病気で倒れてしまいました。運良くその時は一命を取り留めたものの、介助が必要な様子です。この件もずっと妻が支えてくれていたらしいのですが、肝心のお父さんはそこまで生活スキルは高くはないもので、靴下も履くことすらできないようでした。本人曰く九州男児ということでしたが、さすがにこの時代は遅れたものです。普通の女性ならこの時点で全てを投げ出して解放されたいと思うはずです。

森永卓郎さんの妻もその例外ではなかったようで、ストレスはかなり溜まっていたようです。未だに怒っているのかと取材されますが、なんとそこでの回答がすばらしいのです。過ぎたことは忘れるタイプ、文字通り忘れていると要約するとこのような感じです。かなりの喧嘩もしたようですが、その時怒って好きなことを言い合って解決するというタイプの方で、本当に女性にしては珍しい方です。むしろ現代の男性のような考えでしょうか。だからこそ、森永卓郎さんの妻はこのスタイルについていけるのだと思います。それなりにストレスの発散の仕方も上手なようで、必要であればデイサービスを頼ってひたすらお友達とお茶をしながら楽しむということも行っていたようです。ここまで有名になった森永卓郎さんを見て、妻はやはりこれだけ働いていたらそうなるだろうと読んでいたところもあるようです。森永卓郎さんも、帰宅してお茶で一息をついている時にリラックスをしすぎたのかそのまま寝てしまって、お茶をバシャーっとやったことがあるようです。それほどリラックスできる家を築けているというのも妻の役割としてはかなりすばらしいものですよね。そんな妻が、森永さんと結婚した理由は感情的にならないからとのことです。常に冷静に分析するところが素晴らしいのかもしれません。本人も何故感情的にならないのかは分からないとのこと。

森永卓郎さん、趣味で3億円を損する

冒頭で紹介したように、彼はオタクなところがあります。基本的に何でも収集するタイプのようで、フィギュアから始まり、おかしのおまけや、グッズなど様々です。これがまさに3億円の損になるきっかけになったようです。B宝館というところで、実際に埼玉県にあります。マクドナルドのハッピーセットのグッズや、ミニカー、新幹線、飛行機などなど趣味に関わるグッズがいっぱいです。これだけの趣味を理解する方も多いわけではなく毎年で換算すると。900万円を超える損失が発生。減価償却などを考えてしまうと3億円の損をしたということになります。家族もこれにはあきれたようで、妻はもう出て行くと言っているようです。そんなこんなで頑張って仕事を増やそうとしますが、経済アナリストを名乗っているためか森永さんの発言には価値が少なくなっています。それでもなお、趣味は続行中であり、中々楽しそうな人生を歩んでいます。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告