イモトアヤコ、マッキンリー登山であったことを振り返る

カテゴリー
マッキンリー

イモトアヤコさんがマッキンリーの登山に挑戦したことはご存知の方も多いはずですね。しかし、その中であった出来事などはどうなっているのかということもご存知ではない方に向けた記事です。さてさて、このマッキンリー登山で特に今回注目されたのはイモトアヤコさんの性格がガラリと変ってしまったということなのです。その中でも、レポートをハイテンションで行っていたようで、そろそろ登ろうとスタッフに注意されると、そこで激怒したというエピソードから有名になりました。それでは色々詳しく書いていきます。

イモトアヤコ

イモトアヤコ

イモトアヤコが登ったマッキンリーとはどんなところ?

エベレストと聞くと誰もが山であることは知っていますが、マッキンリーと聞いてみると途端に分からなくなります。標高はエベレストよりも高いとされています。それだけに気温が低く、酸素がとても少ないです。低酸素状態になると待っているのは登山病です。その時に起こるのは頭痛や吐き気、めまい、眠気です。マッキンリー登山のときはイモトアヤコさんは確実にその状態下にあると言えるもので、かなり頑張ったと筆者は思います。それだけだとまだ良いのですが、この山はもっと恐ろしい出来事が起こっています。

山に関してはスペシャリスト級の方が4名ほど参加しましたが、結果的に遭難に終わりました。そこで救助隊が探索をするも見つからないという状態になり、捜査もろもろは中止になったとされています。

遭難は生きて帰れないことをイコールすることになり、イモトアヤコさんが今回参加したマッキンリーのテレビでの登山企画は一切のヤラセは無しということが確認できます。過去にマッキンリーで登山した方は未だに見つかっていないという恐ろしい出来事もあるようです。

イモトアヤコがマッキンリー登山で豹変?

マッキンリー

マッキンリー

女性にしてはかなり無茶な企画で、正直テレビも何をやっているのかと思いましたが無事成功しました。しかし、その中では色々なエピソードがあったのです。冒頭でも紹介したとおり、イモトアヤコさんがマッキンリーでの撮影時にいつもとは違うテンションが放映されました。それに対して不思議に思った視聴者も居たようです。裏舞台では、ディレクターにいいから登ってくれと注意されると、今はレポートをしているんだと怒鳴り返したようです。登山病の症状が出ている状況にも関わらず芸人としての仕事も忘れずに頑張っていたのにそこで注意されるとはイモトアヤコさんも思ってはみなかったのでしょう。

そして、マッキンリーの頂上に着くまでに難関がありますがそこを超えたときにはすでに性格はガラリと変っていたというエピソードもありました。これらが放映される前にはTwitterでの報告で帰ってきましたというツイートがあったので視聴者の方も安心したことでしょう。そこで、成功か失敗かと騒がれていましたが、今ではこうやって話題にされるほどなので登山もですが色々成功したようです。

放送時は27時間テレビを行っており、毎度毎度の放送やクオリティにあきれている視聴者の方も多いのですが、イモトアヤコさんの出演やマッキンリー登山企画にいたっては最後まで見たという方も多いようです。そして、更なる裏エピソードもあります。無事帰ってきたときには竹内結子さんのところへ行きたいと言ったようです。

笑いと癒しを求めに行ったようですが、それだけ疲れていたということはすでに明白ですね。彼女らの信頼関係もしっかりと伺えます。かなりつらいことを終えた方が家に今すぐ帰りたいと思うようにイモトアヤコにとっては竹内結子さんは家族のような存在であることが分からせてくれる良いエピソードです。しっかりと癒されてきたとブログなどで本人も報告している様子もありました。イモトアヤコさんは女性であるにもかかわらず様々な可能性を見せてくれるので未だに元気付けられると人気があります。人間の様々な可能性を今後も見せてもらいたいですね!