松岡茉優の性格は?あまちゃんでのイメージ

カテゴリー

松岡茉優さんと聞くと、あんまりテレビを視ない方は馴染みのない方だと思います。そんな方にも分かりやすく今回は松岡茉優ってどんな性格なのか。やはり成功したのは「あまちゃん」なのかということを考察していきたいと思います。

松岡茉優

松岡茉優

松岡茉優の本当の性格って?

松岡茉優さんはとてもかわいいことから、注目されているのですが本当の性格というものはどうでしょうか。かなりの確率で調べてみても性格が悪いとされているようです。しかしそれは所詮あまちゃんを見ただけの意見と反論する意見がありますがまさにその通りです。やはり視聴者もドラマ等を視てから性格の判断とする方法などが一番手っ取り早いですよね。しかし、性格が良いにも関わらず世間にそれだけのイメージを与えたとすると演技力はかなりのものだと思います。さて、本当の性格を紹介します。幼少期からずっと集団では真ん中の方でいつも目立っているような人でとても元気だそうです。しかし、年齢を重ねると共に「ぼっち」の時期が来てしまったようです。過去に転校してきたというエピソードもあることから、自分が何か特別な存在なのではないかと勘違いしてしまったようです。転校生にはあるあるな話なのかもしれません。筆者は転校したことはないので分かりませんが、最初はやはり転校生ってことで話題になったりもしますよね。そして、松岡茉優さん自身が転校により不安で周りとの壁を作ってしまって結果的に孤立してしまったようです。それでもとにかく明るいようには振舞っていたようです。しかし、実はそのような方ほど悩みを抱えやすい性格なのです。筆者自身も似通っているところがあり、すでに明るく屈託のない人間だと教員に評価されたこともありますがそれは仮の姿です。本当は暗いですし、あまり人とも関わりたくない、取り急ぎその場で仲良くしておけというような性格です。この一部のエピソードからも少し親近感を筆者は覚えております。さらに、松岡茉優さんのトークを視てみましょう。比較的早口であることが分かると思います。性格とは関係ありませんが、このような方は頭の回転が早いし、頭が良いです。実際に周囲の回転の速い方を見るとそうではないでしょうか。喋る能力と頭の中で考えている速度が通常の方と段違いです。だからといって勉強が出来る人とは100%は言い難いのですが、何かに突出したスキルがあります。そこが勉強かどうかの違いです。性格のエピソードに戻りますが、視聴者によると年齢とトークを比べてみると達観した感じがあってなんだか年配の方に思えるという意見があるようです。実際に人間関係や一部の考え方にはすでに達観したものがあるのかもしれません。立ち振る舞いもおはガールのときにかなり鍛えられたと思います。だからこそ、今の達観した性格や立ち振る舞いになるのでしょう。

松岡茉優はあまちゃんで成功?

そもそもテレビの業界に興味を持ち出したのは学生時代からですが、その当時からずっとおはガールになりたいと思っていたようです。結果的になることが出来たのでそれだけでもすごいのですが、妹の誘いによって今の地位まで上り詰めたのですばらしいことです。本人にはあまちゃんでの回答によると、アイドルになりたかったのかという問いに対しては思ってもいなかったしなれるとも思わなかったと意外性を語っているようです。あまちゃんでのトークも実は面白いように紹介されております。それはAKBをちょっとおちょくったような表現なのです。あまちゃんの中でのリーダーはまさにそのAKBのリーダーをイメージされているのかと問われると、私の中では少なくともそうですと、取材陣を笑わせたエピソードもあるようです。具体的にAKBと述べたわけでもないのですが、あの時の頭の回転具合もとてもグッドだと筆者は思いました。


シェアする

フォローする

関連コンテンツ+広告
関連コンテンツ+広告