ケーキのカロリーを高い低いで考える前に

カテゴリー
ケーキが太る理由知ってた?

スイーツで甘いものの代表例はケーキですが、カロリーで考えられている方が多いです。それも、高いか低いかで考えて食べていますが、実はこれは意味がないということはご存知でしょうか。もう少し具体例を挙げながら話してみましょう。極論をまず述べますが、炭水化物100%のケーキ、たんぱく質100%のケーキがあったとします。炭水化物、たんぱく質はそれぞれカロリーは同じなのですが何故かたんぱく質の方が痩せます。私達の体は基本的に炭水化物をよく取り込むようになっている上、水分もかなりの量を保持します。そのようなことから、まずは太りにくいケーキを改めて考えてみましょう。

ケーキが太る理由知ってた?

ケーキが太る理由知ってた?

ケーキのカロリーが低いか高いか考える前に

さて、先ほど述べたことでたんぱく質が重要ということは分かりました。なおかつ、炭水化物も同じ量であっても太ってしまいます。要はバランスが大事なのですが、意外とケーキのカロリーのみで気にされる方が多いです。それでは、改めましてたんぱく質の多いケーキを考えてみましょう。それから、カロリーを考えるべきだと筆者は思います。ちなみに、脂質を除外しているわけはこれは意外と様々な方が嫌っている上、うまく避けることが出来ているからです。念のためケーキの種類ごとに解説してみます。

・ショートケーキ
基本的な栄養素を考えると糖質、脂質、たんぱく質の順番で入っております。次に、ケーキカロリーは他のケーキのカロリーから比べても低く思われがちでしたり、実際にケーキの販売サイトに行って見ると意外にカロリーは低く表示されている場合があります。しかし、糖質を吸収しやすいように促す脂質がたくさん含まれていることからダイエットには向きにくいのです。しかしながら、チョコケーキなどはガクンとさらにカロリーが上がるために、それを選択するよりはマシかな程度に考えておきましょう。

・チョコケーキ
言わずもがな太ってしまうケーキです。脂質、糖質、たんぱく質から見てもカロリーは比較的高めであります。これらを考えると、なるべく選択肢から除外したいものであります。

・チーズケーキ
カロリーが高いと思われがちです。それは間違っていませんが、たんぱく質の量が他のケーキに比べて入っている割合が高いです。このことから、ケーキを選ぶ際の第一候補に入れておきたいものであります。ダイエット中だけど食べたいという方にもオススメです。脂質の割合は高いのですが、後に何か食べる機会があればたんぱく質を補給しておいて下さい。ゆで卵をさらに1つ食べるくらいでも大丈夫です。これではさらに太るかと思われてしまいますが、総合的にたんぱく質の量が上回れば勝ちです。さらにカロリーは二の次程度に考えるので十分です。

・ミルクレープケーキ
これも比較的たんぱく質は多めです。脂質がメインとなっておりますが、選択肢としては悪くないでしょう。ショートケーキよりはダイエット中は優先順位は高いものです。炭水化物も比較的控え目であり、甘さとしては物足りない場合があると思いますがお腹を膨らませてスイーツを食べたいという時は賢い選択となります。カロリーもそこまで高いわけではありません。

・タルト系
ケーキにカテゴライズできるかどうか、分かりませんがこれは控えるべきです。フルーツも乗っていて実はヘルシーで健康でと幻想を抱いている方は今回捨てましょう。確実に太ります。カロリーも他のケーキに比べて低いと思われがちですが、炭水化物が爆発的に増えております。そこに脂質がありますが、大体のフルーツ系のタルトを考えると太ってしまうことをアシストしてしまうことになりかねません。

太らないケーキを選ぶ方法でやはりカロリーはナンセンス

カロリーは無視せよ!

カロリーは無視せよ!

どこのサイトを見てもカロリーばかりに着目しています。あながち間違いでもないのですが、微妙に間違っているとも言えます。今流行の炭水化物(糖質抜き)ダイエットの数々の成果を見るとやはり炭水化物は除外すべき存在であります。とはいえ、少量は必要ですが。そこで、代替のものとしてたんぱく質が挙げられているわけです。さらにたんぱく質は筋肉を作るのに役立ちます。このようなことから、微量レベルでもまずは考えることがケーキのカロリーの高い低いで考えるより良いのです。もう一度書きますが、たんぱく質と炭水化物の同じ量のカロリーはイコールです。糖質制限を行うダイエットではたんぱく質を増やすことが基本となります。それでも成果が出ているのでやはりカロリーで考えるのはナンセンスと言えるでしょう。しかし、今ケーキを食べながら読んでいる方も中には居るかもしれません。もしくは食べようとしている方。食事でストレスを抱えすぎるのもダメなので、まずは一旦食べてリセットしてからでも遅くはありません。続かなければダイエットとは言えないので、ケーキを次から選ぶときの参考にしたり、食べたい時の参考にしたりしてみてください。