平野レミ、料理の作り方は過去の夫にあった

カテゴリー
平野レミさん

Rの法則にメインで出演している平野レミさんです。テンションの高さとワイルドさが特に人気になっているようです。しかし、この作り方って過去の夫との生活に意味があったのはご存知でしょうか。今でこそ人気ですが、昔出演した時は大ブーイングでした。その時はトマトを使用した料理ですが、当時から料理の作り方は現在と変らずワイルドに料理を作りました。そこからは、実は仕事の依頼は激減していました。それでも、夫の支えがあったからこそです。それでは、出し惜しみせずに紹介していきます。

平野レミさん

平野レミさん

平野レミと料理の過去

平野レミさんは料理を作るようになったのは夫と結婚してからです。それまでは、ほとんど力を要れずという料理の作り方で相手もいないと正直本腰を入れて作る気にもなりませんよね。そんなこんなで、結婚してからは夫のために本気で料理を作る毎日が始まりました。当時から平野レミさんの料理は夫にとってとても好評らしく「うまい」と褒め言葉をもらえることがとても楽しみだったそうです。

夫のことを思っているいいお嫁さんですね。そんなこんなの日々を続けていると、夫の友人から1つの仕事が舞い込んできました。それは料理本の記事を試しに書いてみないかということです。その友人にも料理を振舞ったことがあり、そこでもやはり料理の評判は上々でした。さらに、その評判は料理関連の業界ではあっという間に広がり、ついには専門雑誌からの仕事の依頼が来たようです。そこでも成果を上げるとはやはり平野レミさんの力はあなどれません。

そして、次々に成果を残していく中でNHKの料理番組に出演することになりました。いつでもワイルドに、手軽にがモットーの平野レミさんはいつも通りの料理法で出演しました。そこで得た視聴者の反応は想像を絶するものでした。かなり否定的な意見が多く、ついにはクレームの電話まで来るようになりました。今の時代などを考えると物凄く考えにくい出来事ですよね。とんでもクレーマーはどの時代にでも居ます。しかし、否定的な意見ばかりかとおもえばそうでもなく一部のメディアには取り上げられるようになり、とてもユニークで面白い調理法だと絶賛する意見でした。そこからは、仕事がさらに舞い込んでくるようになってむしろ良い方向だったのかもしれません。今で言う炎上マーケティングに似たようなものでしょうか。

平野レミと料理、面白いエピソードを改めて振り返ってみよう

ハンバーグがwwww

ハンバーグがwwww

まるごとブロッコリーのたらこソースという料理がありました。平野レミさんから何となく想像はつくと思いますが、実際に出てきたのはブロッコリーをワイルドに小皿に盛りましたが、当然盛りきれるはずもなく倒れたまま完成というエピソードがあります。

さすがですね。その他、食べればコロッケという名前のものがあります。食べたらコロッケなのです。これは意外においしそうで、コロッケの料理の中身をキャベツの千切りなどのサラダの上にアレンジして乗せたものです。あまり綺麗な見た目ではありませんが、食べるとコロッケのような感じになりむしろ脂質もあまり使われておらずヘルシーな料理の感じもしますね。このワイルドさ、今の日本に必要だと思います。

最後になりますが、ハンバーグの料理は筆者個人的に面白い発想であり、これはもう料理というより芸術の領域ですね。名前はちょっと忘れましたが、ジャングルハンバーグのようなネーミングだったと思います。何かと忙しい世の中、本当に平野レミさんのようにワイルドに元気に生きたいものです!